阿部美樹志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部美樹志
生誕 1883年5月4日
岩手県一関市
死没 (1965-02-20) 1965年2月20日(81歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 札幌農学校
職業 建築家
受賞 勲二等瑞宝章
所属 阿部事務所
建築物 阪急百貨店
日比谷映画劇場
有楽座
神戸阪急ビル
内外ビルディング
プロジェクト 東京ー万世橋間の高架鉄道設計
大阪市内の環状高架線も含めた国鉄高架線

阿部 美樹志(あべ みきし、1883年5月4日 - 1965年2月20日)は、日本の建築家および土木技術者。大正から昭和時代にかけて活躍した。日本最初の鉄筋コンクリート高架鉄道の設計者。通称コンクリート博士。日本の鉄筋コンクリート工学の開祖。Ph.D。また、阪急阪神東宝グループの建物、RC造の多くの構造物、建築物をつくり続けた。アメリカで鉄筋コンクリート構造学を修めた後も研究を続け、鉄道省での仕事、旧日比谷映画などの娯楽施設、工場建築などの設計に活かす。戦後は戦災復興院総裁として、住宅供給の甚本施策を提示した。勲二等瑞宝章受章。

来歴[編集]

岩手県一関市生まれ。岩手県一関尋常中学校(一回生)時代には、一関尋常高小から岩手県一関尋常中学校二年に編入を許され、三段跳びで三年生に進んだ浅利三朗と首席を争う。

明治25年(1892年)、同じく岩手出身の佐藤昌介が校長だった札幌農学校土木工学科に進学。学費の一部は叔父から援助を受けるが、自らも特待生となり勉学に励む。佐藤校長は阿部の学才を惜しみ、学校に残って助教授となるよう切望するも、留学を希望した阿部は丁寧に断り、明治38年(1905年)に、最優等で卒業し恩賜の銀時計を受ける。この銀時計は、後に学費援助をしてくれた叔父に贈り謝したという。

農学校卒業後、逓信省鉄筋作業局入局。その後鉄道院に奉職。東京~万世橋間の高架橋など、鉄道施設設計に従事。このとき留学に意欲を燃やす阿部は、勉学上有利な中部鉄道管理職の新橋保線事務所設計係に転勤させてもらう。そして、官費留学には農商務省の海外練習生になるのが近道だと聞かされ、再び佐藤昌介に紹介状をもらい、商務局長の大久保利武に会い、「セメント工業と鉄筋コンクリート研究」という留学目的論文を出し練習生受験を懇願した。 明治44年(1911年)には、農商務省海外練習生。

その後鉄道海外研究生として、アメリカイリノイ大学大学院理論応用力学科に進学。朝5時に起き夜12時頃まで勉強する猛烈ぶりで、同大学で「鉄筋コンクリート結構に関する学理的研究」 (1914年)にてドクトル・オブ・フィロソフィーの学位を取得し修了。

その後ドイツのハノーバー工科大入学を志しハンブルクに渡った。ハノーバー工科大でも鉄筋コンクリート工学を研究するが、ちょうど第一次世界大戦の最中であり、留学費が遅れがちとなる。そこで、ハンブルク駐在領事の忠告もあり、オランダから、ベルギー、ロンドン経由で帰国する。

1914年(大正3年)末に帰国し、1916(大正5年)鉄道院技師に復帰する。帰国早々、まず東京ー万世橋間の高架鉄道設計に着手し、日本初の鉄筋コンクリート高架橋を建設させる。

大正9年(1920年)には「鉄筋混凝土緊定桓構の理論及其実験に関する研究」で日本で工学博士の学位をとり、以来コンクリート博士と呼ばれるようになる。 大阪市内の環状高架線も含めた国鉄高架線や南海、近鉄など私鉄高架線の設計も委嘱される。同年3月、鉄道院を辞し、阿部事務所を開設。以後鉄筋コンクリートの研究と実験を行うとともに小林一三をパトロンに、梅田阪急ビルのほか、十三~梅田間および王子公園~神戸三宮間の鉄道高架橋、東京の日比谷映画劇場(1934年)、有楽座(1935年)、旧阪急梅田駅・阪急ビルディング、梅田阪急ビル(阪急百貨店)、阪急西宮スタジアム(1937年)、東宝劇場、神戸阪急ビル(阪急三宮駅・通称阪急会館)などを設計。また竹中土木の初代社長。

戦後は小林一三についで戦災復興院(現国土交通省)の第2代総裁、建設院総務長官(建設事務次官)などを歴任。1947年3月4日、貴族院勅選議員に任じられ[1]、同年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

1949年、特別調達庁長官。1964年春の叙勲で勲二等瑞宝章。 1960年(昭和35年)全国住宅協会公社会長。翌年、首都圏不燃建築公社会長。

アパートの鉄筋コンクリート構造化を進言し早速1947年に東京都営高輪アパートが鉄筋コンクリート造で建設され、以降不燃構造公営住宅の理論が確立する。

その他の作には、旧精工舎本社沖電気工業本社屋、外濠アーチ橋、佐賀県庁舎中央大学校舎、明治製菓旧戸畑工場内外ビルディング、東洋ビルヂング、東京建物ビル、九州の名島川橋梁(西日本鉄道株式会社、土木学会選奨土木遺産、鉄筋コンクリート造アーチ橋)、岩手県立一関第一高等学校校舎(1960年)などがある。

主要著作に、『鉄筋混凝土工学』私家版、丸善が販売、1924)がある。

参考文献[編集]

  • 小野田滋「阿部美樹志とわが国における黎明期の鉄道高架橋」、2001年、『土木史研究』vol.21
  • 井関九郎『大日本工学博士録』発展社出版部、1930
  • 「名誉会員工学博士阿部美樹志先生」『建築雑誌』1965年5月号
  • 『阿部事務所作品集』阿部事務所1970
  • 『都営高輪アパート調査研究報告書』全5巻 日本建築学会編東京都住宅局、1991
  • 江藤静児『鉄筋混凝土にかけた生涯、阿部美樹志と阿部事務所』日刊建設通信新聞社、1993[文献付]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6043号、昭和22年3月8日。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、90頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]