闇からの一撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
闇からの一撃
レインボースタジオ・アルバム
リリース
録音 1981年
カナダ
ジャンル ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗日本の旗ポリドール
アメリカ合衆国の旗マーキュリー
プロデュース ロジャー・グローヴァー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(イギリス)[1]
  • 8位(日本)[2]
  • 30位(アメリカ)
  • レインボー 年表
    アイ・サレンダー
    (1981年)
    闇からの一撃
    (1982年)
    ストリート・オブ・ドリームス
    (1983年)
    ミュージックビデオ
    「Death Alley Driver」 - YouTube
    「Stone Cold」 - YouTube
    「Power」 - YouTube
    テンプレートを表示

    闇からの一撃』 (原題:Straight Between the Eyes) は、レインボーアルバム

    概要[編集]

    1981年のワールド・ツアー終了後にドン・エイリーが脱退し、あらたなキーボードプレイヤーとしてオーディションで選ばれたデイブ・ローゼンサルが加入し制作されたアルバム。カナダのモーリン・ハイツにあるレ・スタジオが使用され、同バンドとしては初めてデジタル録音が行われた。前作では途中参加のため作曲に関与しなかったジョー・リン・ターナーは、今回は全面的に作曲でも参加している[3]

    ブラックモアのコメント[3]によれば、原題である『Straight Between the Eyes』は、1967年ごろ、ジェフ・ベックがロンドンの酒場でブラックモアと話していた時の発言が元になっている。この時の会話でベックは、ジミ・ヘンドリックスのプレイを「He hits you straight between the eyes!」と評した。

    収録曲[編集]

    1. デス・アリー・ドライバー Death Alley Driver - 4:42
    2. ストーン・コールド Stone Cold - 5:17
    3. ブリング・オン・ザ・ナイト Bring on the Night (Dream Chaser) - 4:06
    4. タイト・スクィーズ Tite Squeeze - 3:15
    5. テアリン・アウト・マイ・ハート Tearin' Out My Heart - 4:03
    6. パワー Power - 4:26
    7. ミス・ミストゥリーテッド MISS Mistreated - 4:27
    8. ロック・フィーヴァー Rock Fever - 3:50
    9. アイズ・オブ・ファイヤー Eyes of Fire - 6:37

    メンバー[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Rainbow
    2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.318
    3. ^ a b シンコーミュージック刊『リッチー・ブラックモア レインボー編』 ISBN 4401612027 より。