ファイナル・ヴァイナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイナル・ヴァイナル
レインボーコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1978年-1984年
ジャンル ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗日本の旗ポリドール
アメリカ合衆国の旗マーキュリー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 20位(日本)[1]
  • 31位(イギリス)[2]
  • 87位(アメリカ)
  • レインボー 年表
    ストリート・オブ・ドリームス
    (1983年)
    ファイナル・ヴァイナル
    (1986年)
    孤高のストレンジャー
    (1996年)
    テンプレートを表示

    ファイナル・ヴァイナル』 (原題:Finyl Vinyl) は、レインボーコンピレーション・アルバム

    概要[編集]

    1984年にレインボーが解散してから2年後にリリースされたアルバム。大半がライヴ録音で構成されておりライヴ・アルバムとして扱うこともできるが、シングルのカップリング(B面)として発表された曲(スタジオ録音)も複数収録されている。

    最初の4曲及び10曲目は、解散前の最後の公演となった1984年3月14日の日本武道館での録音である。このときの来日公演では「Difficult To Cure」でオーケストラとの共演が実現した[3]。ただしこのアルバムに収録されている「Difficult To Cure」は後にギター・パートが録音し直して差し替えられており、当日の実際の演奏とは異なる。(実際の演奏を聴くにはビデオソフトとしてリリースされた「レインボー・ジャパン・ツアー'84」を見なければならない)

    収録曲[編集]

    1. スポットライト・キッド Spotlight Kid (1984年3月14日 ライヴ) - 6:03
    2. アイ・サレンダー I Surrender (1984年3月14日 ライヴ) - 5:43
    3. ミス・ミストゥリーテッド Miss Mistreated (1984年3月14日 ライヴ) - 4:21
    4. ストリート・オブ・ドリームスStreet of Dreams (1984年3月14日 ライヴ) - 4:54
    5. ジェラス・ラヴァー Jealous Lover - 3:10
    6. キャント・ハプン・ヒア Can't Happen Here (1981年4月 ライヴ) - 4:14
    7. テアリン・アウト・マイ・ハート Tearin' Out My Heart (1982年 ライヴ) - 8:05
    8. シンス・ユー・ビーン・ゴーン Since You Been Gone (1980年8月16日 ライブ) - 3:47
    9. バッド・ガール Bad Girl - 4:51
    10. 治療不可 Difficult to Cure (1984年3月14日 ライヴ) - 11:15
    11. ストーン・コールド Stone Cold (1982年8月18日 ライヴ) - 4:28
    12. パワー Power (1982年8月18日 ライヴ) - 4:25
    13. 銀嶺の覇者 Man on the Silver Mountain (1978年6月23日 ライヴ) - 8:16
    14. ロング・リヴ・ロックン・ロール Long Live Rock' n' Roll (1978年6月23日 ライブ) - 7:08
    15. ワイス・ハイム Weiss Heim - 5:15
    • 5.はキャント・ハプン・ヒア(シングル)のカップリング(B面)。
    • 9.はシンス・ユー・ビーン・ゴーン(シングル)のカップリング(B面)。
    • 15.はオール・ナイト・ロング(シングル)のカップリング(B面)。

    本作は、当初リリースされたLPレコード、カセットテープ、初期CD(1枚組)及びリマスター盤CD(2枚組)で、以下の様に収録曲が異なっている(※印が該当メディアに収録されている曲)。

    曲目 LP(1986年盤)
    38MM-0490~1
    初期CD(1999年盤) カセット(1986年盤)
    リマスター盤CD
    スポットライト・キッド
    アイ・サレンダー
    ミス・ミストゥリーテッド
    ストリート・オブ・ドリームス - -
    ジェラス・ラヴァー
    キャント・ハプン・ヒア
    テアリン・アウト・マイ・ハート -
    シンス・ユー・ビーン・ゴーン
    バッド・ガール
    治療不可
    ストーン・コールド
    パワー
    銀嶺の覇者
    ロング・リヴ・ロックン・ロール
    ワイス・ハイム

    メンバー[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.318
    2. ^ ChartArchive - Rainbow
    3. ^ シンコーミュージック刊『リッチー・ブラックモア レインボー編』 ISBN 4401612027)。