虹を翔る覇者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虹を翔る覇者
レインボースタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年2月
ドイツ, ミュンヘン
ジャンル ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗日本の旗ポリドール
アメリカ合衆国の旗オイスター
プロデュース マーティン・バーチ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位(イギリス)[1]
  • 12位(日本)[2]
  • 48位(アメリカ)
レインボー 年表
銀嶺の覇者
(1975年)
虹を翔る覇者
(1976年)
バビロンの城門
(1978年)
レインボー・オン・ステージ
(1977年)
テンプレートを表示

虹を翔る覇者』 (Rising) は、レインボーアルバム

収録曲[編集]

  1. タロット・ウーマン Tarot Woman - 5:58
  2. ラン・ウィズ・ザ・ウルフ Run with the Wolf - 3:48
  3. スターストラック Starstruck - 4:06
  4. ドゥ・ユー・クローズ・ユア・アイズ Do You Close Your Eyes - 2:58
  5. スターゲイザー Stargazer - 8:26
  6. ア・ライト・イン・ザ・ブラック A Light in the Black - 8:12

※ 当初LP盤でリリースされた時は、トラック1-4がA面、トラック5-6がB面に収録されていた。

メンバー[編集]

概要[編集]

セカンド・アルバム。『レインボー(Rainbow)』というバンド名義でリリースした初のアルバムではあるが、この2ndアルバムに限り、ブラックモアズ・レインボーが正式名である。録音は1976年2月14日から10日間にわたり、前作と同じくミュンヘンのミュージックランド・スタジオで行われている[3]

リッチー・ブラックモアズ・レインボー(Ritchie Blackmore's Rainbow)名義でリリースした前作アルバムからベース、ドラムス、キーボードの三ポジションがメンバー変更となり、上記のメンバーで初のアルバムとなった。特にコージー・パウエルはジェフ・ベック・グループなどで既にある程度の名声とキャリアを有しており、リッチーとロニー、そしてコージーの三人が注目され『三頭政治[4]』などと評された。ベースのジミー・ペインとキーボードのトニー・カレイは、スタジオアルバムではこの一作限りでレインボーを解雇されている。

「New York Mix」と「Los Angeles Mix」

このアルバムは、New York Mix(オリジナルLP盤)とLos Angeles Mix(USCD盤)という2種のMixが流通した。CD化する際、どちらのマスターテープを音源にしたかにより、サウンドに差異がでている。2011年に両音源を収録した『Rising Deluxe Edition』がリリースされた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ChartArchive - Ritchie Blackmore's Rainbow
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.318
  3. ^ シンコーミュージック刊『リッチー・ブラックモア レインボー編』 ISBN 4401612027 より。
  4. ^ この表現は当時の音楽マスコミでも頻用され、現在もLive in Munich 1977の国内盤ライナーノーツ解説などに記載されている。
  5. ^ http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2013/10/10/045127