関西福祉大学金光藤蔭高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
関西福祉大学金光藤蔭高等学校
Konko-Toin highschool.jpg
過去の名称 静徳高等女学校
浪花高等女学校
浪花女子高等学校
金光藤蔭高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人関西金光学園
併合学校 進修高等女学校
大軌高等女学校
設立年月日 1926年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 文理進学
エンカレッジ
ITライセンス
アートアニメーション
ライフクリエイティブ
トップアスリート
学期 3学期制
高校コード 27549C
所在地 544-0003
大阪市生野区小路東四丁目1番26号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

関西福祉大学金光藤蔭高等学校(かんさいふくしだいがくこんこうとういんこうとうがっこう)は、大阪府大阪市生野区小路東四丁目にある私立高等学校

概要[編集]

男女共学普通科の課程を設置し、文理進学、エンカレッジ、ITライセンス、アートアニメーション、ライフクリエイティブ、トップアスリートの6コースを設置している。文理進学コースでは大学進学に対応したカリキュラムが組まれている。ITライセンスコースではコンピュータの活用能力を育成することに重点をおいている。ライフクリエイティブコースでは専修学校との連携・協力のもとで、ダンス製菓中国語福祉など11分野を学ぶカリキュラムが組まれている。トップアスリートコースでは体育に重点をおいたカリキュラムを組み、部活動と連動して競技能力の向上および部活動大会での上位入賞を目指している。

以前は「浪花女子高等学校」という名称の女子校だったが、1999年に「金光藤蔭高等学校」への改称の上で男女共学となった。関西福祉大学は系列校であり、内部推薦入学制度も実施されている。2012年には高大の連携を深めるため校名を現在のものに改称した。

大阪府内の高等学校としては初めて、1998年度に大阪府の「訪問介護員養成研修事業」の指定校となり、一定の授業と実習を受講することで訪問介護員資格を取得することが可能となっている。

大阪市生野区の国道479号(大阪内環状線)に面した場所に立地している生野キャンパスのほか、奈良県香芝市に香芝キャンパスを設置している。香芝キャンパスにはクラブハウスやグラウンド、自炊用かまどなどを有し、部活動や学校行事などで使用されている。

沿革[編集]

  • 1926年 - 静徳高等女学校として創立。
  • 1932年 - 浪花高等女学校と改称。
  • 1948年4月 - 学制改革に伴い大軌高等女学校・進修高等女学校と合併、浪花女子中学校・高等学校となる。
  • 1988年2月 - 中学校を廃校。
  • 1999年4月 - 金光藤蔭高等学校へ改称。男女共学となる。
  • 2000年4月 - 商業科を廃止。
  • 2012年4月1日 - 関西福祉大学金光藤蔭高等学校と改称。

部活動[編集]

バスケットボール部、バレーボール部、柔道部などを強化指定クラブとして位置づけている。バスケットボール部やソフトボール部はインターハイや近畿大会への出場経験がある。

交通[編集]

主な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]