関寛斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関 寛斎(せき かんさい、文政13年2月18日1830年3月12日) - 大正元年(1912年10月15日)は、幕末から明治時代の蘭方医。

経歴[編集]

1830年(文政13年)、上総国(現在の千葉県東金市)東中の農家の子として生まれる。養父の儒家関俊輔に薫陶され、長じて佐倉順天堂に入り、佐藤泰然に蘭医学を学び、26歳の時銚子で開業。豪商濱口梧陵の支援で長崎に遊学、オランダ人医師ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトに最新の医学を学び、銚子を去って徳島藩の典医となる。戊辰役には官軍の奥羽出張病院長として、敵味方の別なく治療に当る。信ずるところあって徳島に帰り、一町医者として庶民の診療、種痘奉仕などに尽力し、「関大明神」と慕われる。

1902年明治35年)、72歳にして一念発起し、原野だった北海道陸別町の開拓事業に全財産を投入し、広大な関牧場を拓く。のちにこの土地を開放し、自作農創設を志すが果たせず、1912年(大正元年)82歳にして服毒により自らの命を絶つ。

事績[編集]

佐藤泰然のもとで寛斎が記録した『順天堂外科実験』、ポンペに学んだ『朋百氏治療記事』『七新薬』は、当時の医学に係る第一級の資料とされる。順天堂での先駆的な種痘奉仕、梧陵が主導した銚子のコレラ防疫の成功などの体験は、若き寛斎にとって、養父から受けた儒学の素養、「人を拯い世を済す医に若くは莫し」との泰然の訓え、梧陵の「人たるの道」への導き、ポンペのヒューマニズム医療教育と相俟って、生涯の生き方の指針となったと思われる。維新に際し、官賊の別なき施療行為は赤十字精神の先駆とされ、その業績は西郷隆盛からも高く評価された。しかし「軍医総監男爵は造作もない」(徳富蘆花)立場を故あって捨て、その後30余年にわたり、徳島にあって庶民への医療と社会奉仕に力を尽くした。

彼の医学思想と実践は、その著『養生心得草』にも見られるように、養生(健康管理と予防)、運動(積極的鍛練)、医療(適切な科学的対処)の総合性を重視した、現代保健思想にも通ずるものといえる。彼の「世を済す」社会貢献は、医療を超えて維新後の旧武士たちへの救済、各戦役時の傷病兵慰問など多岐にわたった。その極は晩年、全資産を投じて理想の「農牧村落を興す」、北海道開拓事業への転身であった。やがて目指す自作農創設のため、彼は徳富蘆花を通してトルストイ主義に近づき、「平等均一の風」実現の農地解放へと向かう。しかし家族との対立などによりそれを果たせず、死を選んで波乱の生涯を閉じた。

寛斎を陸別の地まで訪ねた蘆花は、その著『みみずのたはこと』(岩波文庫版)に関寛斎の一章を設け、その人柄を偲んだ。司馬遼太郎は小説『胡蝶の夢』で、寛斎を「高貴な単純さは神に近い」と評している。彼が拓いた陸別町では、関神社を祀るなど町の開祖として顕彰されている。

関寛斎に係る主な著作・評伝など[編集]

  • 徳富蘆花『みみずのたはこと』(岩波文庫)
  • 司馬遼太郎胡蝶の夢』(新潮社)
  • 司馬遼太郎『街道をゆく15 北海道の諸道』(朝日文庫)
  • 城山三郎『人生余熱あり』(光文社)
  • 鈴木勝『関寛斎の人間像』千葉日報社出版局 1979
  • 川崎巳三郎『関寛斎 蘭方医から開拓の父へ』(新日本新書)1980 
  • 戸石四郎『関寛斎-最後の蘭医』(三省堂選書)1982 
  • 米村晃多郎『野のひと 関寛斎』春秋社・北の肖像 1984
  • 『関寛斎』陸別町教育委員会 1994
  • 鈴木要吾編『関寛齋 伝記・関寛齋』大空社・伝記叢書 1998(1936年の復刊)
  • モリテル『彩雲 関寛斎と海部花』創栄出版 2005
  • 乾浩『斗満の河 関寛斎』新人物往来社 2008
  • 梅村聡, 長尾和宏『蘭学医・関寛斎平成に学ぶ医の魂』エピック 2011
  • 高田郁『あい 永遠に在り』(角川春樹事務所 2013)- 妻のあいを主人公とした関夫婦の物語[1]

脚注[編集]

  1. ^ 著者は語る週刊文春Web, 2013.02.24

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bsbsk/bunkashigen/parts/1146.htmlリンク切れ

  • HP関寛斎研究(銚子市民運動ネットワーク(代表・戸石)のページ)