長崎市コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長崎市コミュニティバス(ながさきしコミュニティバス)は、長崎市が運行するコミュニティバスの総称。外海線、琴海尾戸線、琴海西海形上線、香焼三和線、三和線、野母崎線、伊王島線、高島線、池島線の9路線からなる。2011年3月まではらんらん(都心部循環線)も加えて10路線での運行だった。

一部の路線では長崎スマートカードが使えるが、長崎バス県営バスの直営路線ではないため、乗り継いでも割引は行われない。

沿革[編集]

  • 2000年2月 - ながさき阿蘭陀年にあわせ、長崎市コミュニティバス「らんらん」が運行開始。長崎原爆資料館グラバー園近くの南山手を結ぶ。
  • 2001年11月 - 利用客の伸び悩みから長崎市中心部の商業地を結ぶ「都心部循環線」に路線を変更。
  • 2002年5月 - 運賃を150円から100円に値下げ、当時の路面電車の運賃に合わせる。
  • 2003年2月 - 走行位置情報をリアルタイム提供する携帯電話向けサイトを開設。
  • 2003年6月 - 通常運転終了後の活用法として、長崎市内のホテルと長崎ロープウェイ淵神社駅を結ぶ送迎シャトルバスの運行開始。稲佐山の夜景を楽しむ観光客の利便性が向上。
  • 2005年1月 - 長崎市と周辺6町(三和町香焼町野母崎町外海町伊王島町高島町)の合併に伴い、高島町と外海町池島で運行中の民間バス、伊王島町と香焼町の町営バス、三和町のコミュニティバスを長崎市コミュニティバスとして引き継ぐ。
  • 2005年9月 - 「らんらん」の車両を更新。
  • 2006年4月 - 「らんらん」の運行経路変更。長崎県美術館長崎歴史文化博物館に立ち寄る。
  • 2008年4月1日 - 琴海地区を運行する時津-小口港線のうち自証寺前-小口港間をコミュニティバス化(琴海尾戸線)、1往復増回。
  • 2009年10月1日 - 琴海地区でデマンドタクシー(琴海西海形上線)の試験運行を開始。
  • 2010年4月 - 「らんらん」の運行経路変更と一部停留所の廃止、運賃改定。逆回り路線が登場する。
  • 2011年3月 - 「らんらん」が廃止される。

現在の運行路線[編集]

外海線[編集]

扇山線

  • 御用堤 - 神浦ダム - 中沼/箕の久保 - 神浦小学校前 - 神の浦(商店街) - 神の浦(海側) - 外海行政センター
    1日下り6本、上り5本。下り第1便は神の浦(海側)止まり。下り第2便・第4便・最終便、上り第1便・第3便は箕の久保経由、他は中沼経由。

牧野黒崎線

  • 牧野公民館上 - 出津(しつ) - (出津文化村) - 高平 - (遠藤周作文学館) - 黒崎事務所前 - 黒崎 - エスポアールそとめ
    1日2往復。第1便は上下とも出津文化村・遠藤周作文学館を経由しない。
  • 牧野公民館上 - 出津 - 出津文化村 - 高平 - 遠藤周作文学館 - 黒崎事務所前 - 黒崎 - 永田湿地公園
    1日3往復。

運行概要

  • 土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月31日 - 1月3日)は運休。
  • 運賃 - 初乗り大人140円・子供70円
    乳児無料、小学生以上の乗客と同伴の幼児は2名まで無料。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を交付されている者は半額。区間制運賃を採用。
  • 運行主体 - さいかい交通

外海(そとめ)地区の扇山線・黒崎地区の牧野黒崎線の2路線によって構成されている。どちらも交通の空白域だった場所に路線が設定されている。

琴海尾戸線[編集]

長崎バス時津営業所の時津 - 小口港線のうち自証寺前 - 小口港間をコミュニティバス化したもので、バスは長崎バスの通常車両が時津から直通運転している。この点から、他の長崎市コミュニティバスとは運行形態が異なるため、本項では説明を省略する。

詳細については長崎市の運行開始案内 (PDF) を参照。

琴海西海形上線[編集]

琴海地区を6ゾーンに分けて運行されている。運行回数は時間帯別に1日4回。

運行概要

  • 土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月31日 - 1月3日)は運休。
  • 運賃 - 大人300円・子供150円
  • 運行主体 - 琴海タクシー

一般路線バスが入れない区間を補完する路線であり、普段の利用者は少ないため、デマンド式乗合タクシーとして、利用の前日時点で予約があった場合のみ運行される。車両は小型タクシー車両を使用している。

なお、長崎市内では他に乗合タクシーが5路線運行されている(詳細は長崎市 乗り合いタクシーを参照)。

香焼三和線[編集]

  • 栗辰 - 香焼総合公園前 - (海老瀬) - 上丹馬 - 深浦 - 馬手ケ浦(折返) - 深浦 - 深堀 - 鶴洋高前 -(江川) - 江川橋 - (鶴見台団地) - 土井の首中学校前 - 平山台入口 - 平山台団地 - 大籠(折返) - 平山台入口 - 三和行政センター - 晴海台団地
    1日4往復。下り最終便、上り第1便は海老瀬を経由しない。
    江川・鶴見台団地は下り第1便・上り第3便のみ経由。
  • 大籠公民館前 - 大籠 - 深堀
    通学対策に1往復設定。

運行概要

  • 土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月31日 - 1月3日)は運休。
  • 運賃 - 初乗り大人140円・子供70円(長崎スマートカード利用可)
    乳児無料、小学生以上の乗客と同伴の幼児は2名まで無料。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を交付されている者は半額。
  • 運行主体 - 長崎自動車

もともと香焼町内に運行されていた町営バスを長崎市への吸収合併に伴ってコミュニティバス化したものである。またこの際、これまで交通の空白域だった大籠(おおごもり)地区へも延長されている。

栗辰 - 深浦 - 馬手ケ浦間、平山台団地 - 大籠間、大籠 - 深堀系統は独自路線だが、それ以外の区間は長崎バス在来路線と同じルートを運行する。

三和線[編集]

  • 三和地域センター前 - 椿が丘 - 為石 - (為石公民館前/為石小学校前) - 藤田尾入口 - 藤田尾 - 藤田尾下(折返) - 藤田尾入口 - 千々
    下り3本、上り4本。下り最終便、上り第1便は小学校前経由、他は為石公民館前経由。
  • 三和地域センター前 → 蚊焼小学校前 (→ 折山 → 岳路 → 岳路南 →上岳路 → 折山 →) 蚊焼小学校前 → 三和地域センター前
    1日4本。岳路(たけろ)循環区間は第1便と最終便のみ。他の2本は三和行政センター - 蚊焼小学校前間の往復運転。
  • 三和地域センター前 - ハピネスさんわ (→/←椿が丘公民館上←椿が丘老人集会所←) 椿が丘 (→椿が丘老人集会所→椿が丘公民館上→/←) 三和中学校前 - 為石 - 上川コミュニティセンター
    1日4往復。椿が丘循環区間は往復とも同一方向。

運行概要

  • 土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月31日 - 1月3日)は運休。
  • 運賃 - 初乗り大人140円・子供70円(長崎スマートカード利用可)
  • 運行主体 - 長崎自動車

旧三和町内で交通の空白域だった藤田尾・上川地区を結ぶ目的で運行が開始された。藤田尾(とうだお) - 千々間は2009年4月に運行区間が延長された。なお、三和行政センター・千々での長崎バス在来路線(茂里町 - 脇岬・晴海台・川原線、時津 - 茂木線)との接続は考慮されていない。

野母崎線[編集]

  • 野母崎地域センター前 - 野母崎病院 - 野母崎郵便局裏 - 釜ケ浦(折返) - 野母崎郵便局裏 - 運動公園前 - 高浜 (→野々串→/←) 山明
    1日3往復。
  • 野母崎地域センター前←野母崎病院←野母崎郵便局裏←釜ケ浦(折返)←野母崎郵便局裏←運動公園前←高浜←山明←野々串←高浜
    1日上り1本。高浜循環区間は通学対応便扱い。
  • 野母崎地域センター前 - 野母崎病院 - 野母崎郵便局裏 - 釜ケ浦(折返) - 野母崎郵便局裏 - 運動公園前 - 高浜 (→野々串→山明→/←) 岬木場
    1日下り2本、上り1本。
  • 高浜←岬木場
    1日上り1本。通学対応便扱い。

運行概要

  • 土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月31日 - 1月3日)は運休。
  • 運賃 - 初乗り大人140円・子供70円
  • 運行主体 - 長崎自動車

長崎バスの在来路線と重複運行している区間が多いが、運動公園前 - 野母間は独自ルートを運行する。また野々串 - 岬木場間は内陸部をショートカットする運行経路になっている。

伊王島線[編集]

  • 丘町車庫/伊王島灯台 - 灯台入口 - ターミナル前 - ホテル唐船江 - 塩町団地 - 大明寺(折返)- ホテル唐船江 - 馬込浜
    平日・土曜日1日10往復、日曜日・祝祭日は第1便と最終便が運休となる1日8往復。
    丘町車庫発の便の折返しは伊王島灯台行き、伊王島灯台発の便の折返しは丘町車庫行き。第1便は上下とも塩町団地経由(大明寺には行かない)、午前の下りと午後の上りは大明寺経由。
    4月 - 9月と10月 - 3月でダイヤが分けられており、一部の便の時刻、始発・終着地点が異なる。

運行概要

  • 運賃 - 大人100円・子供50円(長崎スマートカード利用可)
  • 運行主体 - 長崎自動車

元は旧伊王島町営バスで、長崎市への合併に伴いコミュニティバス化したものである。旧「らんらん」から転用された車両が使用されている。

高島線[編集]

島内を循環運行する。便によって経路が異なる。平日は1日17本、土曜日・日曜日・祝日は1日18本。

運行概要

  • 1月1日は運休。
  • 運賃 - 大人100円・子供50円
  • 運行主体 - 富川運送
    この路線は富川運送の一般路線バスだったものを継承したものである。こちらも旧伊王島町営バス同様、旧「らんらん」から転用された車両が使用されている。

池島線[編集]

  • 神社下 - グランド前 - (公住入口) - 新店街通り - 鉱業所前 - 変電所前 - (郷東) - 桟橋 - 池の口
    1日17往復。午後に公住入口・郷東を経由しない便が1往復、郷東を経由しない便が2往復ある。

運行概要

  • 運賃 - 大人100円・子供50円(100円券11枚綴りの回数券あり)
    乳児無料、小学生以上の乗客と同伴の幼児は2名まで無料。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を交付されている者は半額。
  • 運行主体 - さいかい交通

この路線はさいかい交通池島線を継承したものである。

過去に運行していた路線[編集]

らんらん(都心部循環線)[編集]

概要[編集]

長崎市コミュニティバス都心部循環線・中国風車両
長崎バスの車両によるらんらんの代車運行

日蘭交流400周年を記念し、長崎県内の各自治体が行った観光キャンペーン「ながさき阿蘭陀年」の開催にあわせて運行を開始した。愛称のらんらんは一般公募で決定。「オランダ(蘭)」、「走る(RUN)」、「たのしい時の掛け声(らんらん)」などを連想させることから選ばれた。

運行開始時の車両は57人乗りの中型バス4台。車体カラーにはオランダ王室のシンボルカラーであるオレンジ色を採用した。区間はグラバー園のある「南山手」と、原爆落下中心地近くの「原爆資料館」を往復する約11キロ。途中出島新地中華街長崎駅前を経由し、観光客の利便性に配慮したが、路線の大部分は長崎電気軌道と競合した。さらに電車の低料金(全線100円、らんらんは150 - 170円)と、渋滞に巻き込まれない定時運転には太刀打ちできず、利用客は伸び悩み、「がらんがらん」と揶揄された。そのため、市民からは廃止の声もあがった。

2001年11月からは観光地重視から、長崎市内の商店街、商業施設を結ぶ循環線にルートを変更。長崎駅前を基点に、商業施設「夢彩都」、中心商店街などを結ぶ約6キロの「都心部循環線」を走る。さらに2002年5月には運賃を路面電車にあわせ100円に値下げした。2003年2月からはリアルタイムで走行位置を表示する携帯電話向けサイトを提供。こういった利便性、経済性の向上策が奏効し、乗客数は上向いた。2005年9月には定員31人の小型バスに車両を更新[1]、車体は赤を基調とした「中国風」、青を基調とした「洋館風」に変更した。

しかしその後の乗客数は長崎さるく博が行われた2006年をピークに緩やかな減少が続き、年間800 - 900万の赤字が続いていた。このため長崎市は2010年4月、廃止も視野に入れた上での社会実験として路線変更を実施。また、これと同時に運賃を路面電車の値上げに合わせた120円に値上げした[2][3][4]。それでも運行間隔が変更前(約15~20分間隔)より開いた(10~55分程度)ことなどがあって利用者は更に減少したため、2011年3月限りで運行終了した[2][5]。らんらんの運行に使われた4台の小型バスはその後県営バスが買い取り、ながさきお買い物バスとして運行している[6][7][8]

路線[編集]

時計回り

反時計回り

  • 南山手・グラバー園下→長崎新地中華街→西浜町→浜町→思案橋・丸山→崇福寺前→鍛冶屋町・寺町通り→本古川町→中央公園前→興善町→市役所前→長崎歴史文化博物館→長崎駅前→大波止・元船町→長崎県美術館→南山手・グラバー園下

脚注[編集]

  1. ^ 置き換えられた中型バスは伊王島線・滑石式見線に転用され、1台は長崎バスから富川運送に移籍して高島線に転用されている。
  2. ^ a b 利用者伸びず「らんらん」廃止へ 長崎市のコミュニティーバス[リンク切れ]
  3. ^ asahi.com:赤字「らんらん」正念場-マイタウン長崎[リンク切れ]
  4. ^ コミュニティバス:「らんらん」きょうから値上げ 長崎市内120円/長崎 - 毎日.jp(毎日新聞)[リンク切れ]
  5. ^ 長崎市コミュニティバス「らんらん」の運行終了について - 長崎バス
  6. ^ 長崎県営バス ながさきお買いものバス
  7. ^ お買いものバス:長崎市中心部の商業施設を巡回 来月3日発車 /長崎
  8. ^ 県交通局が「お買いものバス」運行 懐かしの昭和デザインで登場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]