鉤状雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鉤状巻雲
鉤状巻雲
略記号 unc
雲形記号 CH1またはCH4
鉤状雲
高度 5,000~15,000 m
特徴 細いすじ状、先端が曲がっている
降水の有無 なし
テンプレートを表示

鉤状雲(かぎじょううん、Uncinus)とは、巻雲に見られる種の1つ。鉤状巻雲と呼ぶこともある。学術名はラテン語の"Uncinus"(フック)に由来する。

よく見られる、鉤の形がはっきりとしない鉤状雲。

毛や繊維のように細いすじ状で、すじの先端が釣り針のように曲がっていることが特徴。すじの先端が曲がっていない場合は、毛状雲となる。また、すじの先端が丸まって塊のようになると、房状雲となる。

鉤状雲は、高い高度ででき、周囲の温度は-40C°~-50C°にもなる。この雲は上空高くの気流の流れによって雲が引き伸ばされてできると考えられており、温暖前線閉塞前線が近づいている時に見られることが多い。

巻雲の中では最も出現頻度が高い雲種。ただ、鉤の形がはっきりとした雲はそれほど多くないとされる。


出典[編集]

関連項目[編集]