蜂の巣状雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夕焼けの蜂の巣状雲
夕焼けの蜂の巣状雲
略記号 la
雲形記号 CL4CL5CL8CM3CM4CM7CH8
変種 蜂の巣状雲
高度 地上付近~15,000 m
特徴 蜂の巣状、雲に無数の穴が開いている
降水の有無 なし
テンプレートを表示

蜂の巣状雲(はちのすじょううん、Lacunosus)とは多少規則的に分布した丸い穴が開いている比較的薄い。穴が縁取られているため蜂の巣のように見える。

雲形分類では、雲塊の配列、雲の透明度による細分類である「変種」として扱われ、主に上層の巻層雲や中層の高積雲に現れ、まれに下層の層積雲にも見られる。

学術名"Lacunosus"は、ラテン語で「穴または溝のある」といった意味があり、これにちなんで名づけられた。

蜂の巣状高積雲

雲中に下降気流が発生した時に現れる変種である。上昇気流が優勢で雲の形が維持された状態から、次第に下降気流が優勢となってくるとできる。下降気流の部分だけ雲が蒸発することで、蜂の巣のようなまばらな雲の消え方になる。強い下降気流よりも、弱くてかつ広範囲に発生する下降気流のほうができやすい。

下降気流が一般的に天気が良くなる前兆とされるのと同じで、この雲が発生すると次第に晴れて天気が良くなってくるとされる。

雲が消えるときにできる雲で、形の変化が激しいため、空をよく観察していなければ見つけることができないような珍しい雲である。

出典[編集]

関連項目[編集]