不透明雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不透明層積雲
不透明層積雲
略記号 op
雲形記号 CL4CL5CL6CL7CL8CM2CM7CM9など
変種 不透明雲
高度 地上付近~15,000 m
特徴 空を覆う、太陽や月の形が分からないくらいの厚さ
降水の有無 あり
テンプレートを表示

不透明雲(ふとうめいうん, opacus)とは、を広範囲に覆ってしまうの中でも、太陽の位置が分からないほどの厚さがある雲のこと。高層雲高積雲層積雲層雲に現れ、雲の透明度による分類である変種の1つ。逆に太陽の位置が分かる程度の厚さのときは、これを半透明雲と呼ぶ。

学術名"opacus"は、ラテン語で「影のある、暗い」という意味があり、これに因んで名付けられた。

不透明高積雲
不透明層雲

不透明か半透明かの判断基準は、「太陽や月の輪郭が判別できるかどうか」の他に、「太陽や月の光でできた物体のの輪郭が判別できるかどうか」といったものがある。空が不透明雲に覆われると、日中でも薄暗くなり、物体の影がぼやけて見えなくなる。

空を覆う雲の厚さや雲の中の雲粒の密度、雲粒の大きさなどで雲の透明度が変わる。不透明雲は半透明雲よりも厚く、密度が高い傾向にある。観天望気としては、半透明雲は天候が崩れて雨が降り出す前日~数時間前に出現することが多い。半透明雲に比べて、不透明雲のほうが雨から近いと考えられる。また、高層雲や高積雲の場合、不透明雲が空を覆っても、曇りとなるだけで雨がやってこない場合も多い。

高層雲は相当の厚みが無ければ不透明雲にはならないので、見られるチャンスは少なく、大抵の場合半透明雲になる。

層雲の場合、厚みのあるの中では、大抵の場合不透明層雲に見える。

出典[編集]

関連項目[編集]