濃密雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
濃密巻雲
濃密巻雲
略記号 spi
雲形記号 CH2またはCH3
濃密雲
高度 5,000~15,000 m
特徴 濃い、厚みがある
降水の有無 なし
テンプレートを表示

濃密雲(のうみつうん、ラテン語学術名spissatus、略号spi、)とは、巻雲に見られる種の1つ。濃密巻雲と呼ぶこともある。学術名はラテン語のspissatus(厚くなった、濃密になった)に由来する。

毛状雲鉤状雲房状雲塔状雲などの他の巻雲の雲種と異なり、雲が濃く広がったものである。雲の輪郭は薄いすじ状になるため、巻雲と分かる。また、他の巻雲に比べて濃く、白い雲の色がはっきりと見える。名前のような厚く濃密な雲になり、時には空全体を覆って太陽の光を弱めることもある。

夏の夕立の際などには、積乱雲が発達して雲の頂上が風の強い大気上層に達したとき、雲が水平に広がってきて濃密雲になることが多い。

参考文献[編集]

関連項目[編集]