もつれ雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
濃淡さまざまな夕方のもつれ雲
濃淡さまざまな夕方のもつれ雲
略記号 in
雲形記号 CH1CH2CH3CH4
変種 もつれ雲
高度 5,000~15,000 m
特徴 もつれた筋のような形状
降水の有無 あり(尾流雲
テンプレートを表示

もつれ雲(もつれぐも、intortus)とは、すじ状の巻雲がお互いにからみ合い、すじがもつれたような状態のもの。国際雲図帳(雲形分類)では、雲の配列による分類である変種の1つ。もつれ雲は巻層雲巻積雲には現れず、巻雲だけがもつ変種である。

複雑に絡み合ったもつれ雲

学術名"intortus"は、ラテン語で「撚り合わさった、ねじれた、曲がりくねった」などの意味があり、これに因んで名付けられた。

この雲は、上空の風が弱いときにできやすい。風が強いときには、巻雲は引き伸ばされて、一定の方向を向いて毛状雲鉤状雲となることが多い。しかし、風が弱いときには、上空の風が乱流ぎみになる(風向きが小刻みに変わりやすい)ため、引き伸ばされても雲の筋がまっすぐではなく、分岐したり曲がりくねったりして、地上からはもつれたような形に見えることが多い。また風が弱いと、高度によっても風向・風速が変わり、地上からはさまざまな向きの巻雲が見えるので、これももつれたように見える原因である。

この雲が見られた後は、晴天が続くことが多いとされている。

出典[編集]

関連項目[編集]