二重雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二重高層雲
二重高層雲
略記号 du
雲形記号 CL4CL5CL8CM1CM2CM4CM7CM9CH4CH5CH6など
変種 二重雲
高度 地上付近~15,000 m
特徴 似た形の雲が2層以上重なっている
降水の有無 あり
テンプレートを表示

二重雲(にじゅううん, duplicatus)とは、同じ類(基本形)の雲が、同時に2層以上に重なって現れる状態。雲形分類では、「雲塊の配列による分類」にあたる変種の1つ。巻雲巻層雲高積雲高層雲層積雲に現れる。

二重巻雲

学術名"duplicatus"は、ラテン語で「倍になった、二重になった」という意味があり、これに因んで名付けられた。

太陽が出ている日中や夜中のが出ている時であれば、雲のができるので二重雲を探す目安になる。ただ、二重になっているのが同類の雲かを、さらに確かめる必要がある。

高度によって風向風速が異なるときに出現する。天気が変わるときに出現しやすい雲である。

出典[編集]

関連項目[編集]