鈴木宏昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 宏昭(すずき ひろあき、1958年 - )は、認知科学者。青山学院大学教育人間科学部教育学科教授博士(教育学)

認知科学が研究領域であり、特に思考・学習における創発過程の研究を重ねている[1]

日本認知科学会人工知能学会日本心理学会Cognitive Science Society各会員。日本認知科学会では会長も務めた。

経歴[編集]

1958年宮城県仙台市生まれ。1974年4月静岡県立静岡高等学校入学。1977年3月富山県立富山中部高等学校卒業。1981年3月中央大学文学部哲学科教育学専攻心理学専修卒業。1988年3月東京大学大学院教育学研究科学校教育学専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員を経て、1989年東京工業大学大学院総合理工学研究科助手に就任。その後、エディンバラ大学客員研究員などを経て、2002年より現職。

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.jcss.gr.jp/fellowship/entry-321.html

外部リンク[編集]