金精トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金精トンネル(栃木県側)

国道120号標識 金精トンネルこんせいトンネル)は、群馬県利根郡片品村栃木県日光市の間の金精峠下を貫く国道120号トンネル

概要[編集]

標高1,843mで、国内のトンネルでは最も標高が高い。トンネル延長は755m。日本ロマンチック街道の一部でもある。 国土地理院の地図では金精峠トンネルと表記されている。[1]

標高が高いため、例年12月末から4月末の間は、金精道路全体が閉鎖される。たびたび付近で雪崩が起こるため、春に開通しても通行止めになることがよくある。

トンネルが開通した1965年より、ここを経由して水上駅沼田駅鬼怒川温泉間を結ぶ東武バスの路線が存在したが、1990年に廃止。その後、鎌田(片品村)~日光湯元間に区間短縮して運転されていたが、これも1992年に廃止された。以降、このトンネルを通過する路線バスは存在しない状態が続いていたが、2016年(平成28年)5月1日より関越交通によって鎌田~中禅寺温泉間に1日2往復路線バスが運転されている[2][3]

トンネル出入口にあるトンネル名標識は、旧日本道路公団仕様のもので有料道路時代の名残である。

沿革[編集]

一般国道

国道120号標識

金精道路
路線延長 8.141 km
制定年 1965年
開通年 1965年
廃止年 1995年
起点 栃木県日光市大字日光
終点 群馬県利根郡片品村大字東小川字菅沼
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地理院地図(電子国土Web) 中心緯度経度(36.819837,139.397496)[1]
  2. ^ “片品―日光間、路線バス復活へ 5月〜10月、1日2往復 24年ぶり”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 群馬全県版. (2016年4月15日) 
  3. ^ 上毛新聞ニュース 『片品-日光間の路線バス 24年ぶり復活 1日2往復』 2016/4/17[リンク切れ]
  4. ^ 同年6月6日、日本道路公団公告第16号「金精峠道路工事開始公告」
  5. ^ 同年9月18日、日本道路公団公告第31号「金精峠道路工事完了公告」
  6. ^ JH日本道路公団『日本道路公団(JH)年報(平成15年版)』2003年
  7. ^ a b 同年10月4日、日本道路公団公告第36号「有料道路「金精道路」料金徴収公告」

関連項目[編集]