野崎孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野崎 孝(のざき たかし、1917年大正6年〉11月8日 - 1995年平成7年〉5月12日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家。『ライ麦畑でつかまえて』など一連のサリンジャー作品のほか、フィッツジェラルドヘミングウェイスタインベックなどの翻訳で知られる。

パン屋の長男として青森県弘前市に生まれる。1929年、旧制弘前中学校(青森県立弘前高等学校の前身)に入学、常に首席を通し、語学の天才と讃えられる。4年修了で旧制弘前高等学校弘前大学の前身)に入学。1937年東京帝国大学文学部英吉利文学科に進み、中野好夫に師事。卒業後は東京の商業学校などで教鞭を執る。第二次世界大戦で出征、中国大陸で転戦。

復員後は母校の弘前高等学校教授を経て1949年から1950年まで新制の弘前大学助教授。上京後、51年中央大学文学部教授、70年旧・東京都立大学教授、定年後は帝京大学教授。

サリンジャーの訳者として[編集]

ライ麦畑でつかまえて』(J.D.Salinger The Catcher in the Rye )初刊は、1964年で、既訳は1952年橋本福夫訳が、"J・D・サリンガー"著『危険な年齢』の題名で、ダヴィッド社で上梓していた。

野崎は訳題を、当時の深夜放送からヒントを得て、若い世代の語法と感覚に迫った訳を行い、当時の読書界に反響を起こし、2003年村上春樹の新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』が、野崎訳と同じ白水社で出版するまで、約40年間にわたり定訳の位置を占め続け百数十版を重ねた。

主人公ホールデン・コールフィールド少年が一方的に語る言葉つきは50年代のアメリカのティーンエイジャーの口調を的確に捕らえたものと激賞されたが、その和訳は至難のわざだったと、訳者自身述懐している。

著書[編集]

  • ヘミングウェイ 研究社出版 1960

翻訳[編集]