野一色駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野一色駅
野一色駅に停車中の名鉄モ590形(2005年3月)
野一色駅に停車中の名鉄モ590形(2005年3月)
のいしき
NOISHIKI
北一色 (1.1km)
(0.7km) 琴塚
所在地 岐阜県岐阜市野一色1丁目
北緯35度25分07秒 東経136度48分17秒 / 北緯35.418508度 東経136.804681度 / 35.418508; 136.804681[1]
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 美濃町線
キロ程 4.1km(徹明町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1911年明治44年)2月11日
廃止年月日 2005年平成17年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

野一色駅(のいしきえき)は、岐阜県岐阜市野一色1丁目にあった名古屋鉄道美濃町線徹明町駅から来た電車は、ここか日野橋駅で折り返す。

歴史[編集]

1911年に美濃町線が美濃電気軌道の路線として開業したのに合わせて開設された。戦時中の1944年にはいったん休止されたが、5年後に営業を再開している。美濃町線は2005年に廃止され、当駅も廃駅となっている。

駅構造[編集]

徹明町発の電車(手前)が、新岐阜発関行き電車に同一ホームで連絡(2005年3月)
新岐阜行き電車が、徹明町行き電車に連絡(2005年3月)
ホーム跡(2017年8月)

無人駅で、ホームは低床相対式2面2線。かつては1面1線の棒線駅だったが、美濃町線が名鉄岐阜駅まで直通運転を開始した1970年に交換設備を新設[4]、同時に駅が100メートルほど琴塚駅方面へ移された[3]。関方面へは、道路がそのままホームとなっていた。名鉄岐阜方面ホームへは、構内中ほどの軌道上通路を渡る。

名鉄岐阜駅発の電車は徹明町駅発の電車と、競輪場前駅からここか日野橋駅まで続行運転を行い、同一ホームで連絡する。逆方向は、ここか日野橋で徹明町駅行きに乗り換えることになっていた。

徹明町より路面上の併用軌道としてやってくるが、駅の300メートルほど西側で、専用軌道へと移行する。そのため国道上に東行きの車を止める信号があった(西行きには信号はない)。

廃線後の2017年8月現在では、写真の通りに南側のホーム跡が残っており、北側ホームは舗装され沿線道路と一体になっている。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
美濃町線
北一色駅 - 野一色駅 - 琴塚駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2.5万地形図「岐阜」、1992年(平成4年)修正版。
  2. ^ a b c d 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4
  3. ^ a b c 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、51-52頁。ISBN 978-4-10-790025-8
  4. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、181頁。ISBN 4-7942-0796-4

関連項目[編集]