下芥見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下芥見駅
駅舎(2005年2月)
駅舎(2005年2月)
しもあくたみ
SHIMO AKUTAMI
岩田 (1.2km)
(1.6km) 上芥見
所在地 岐阜県岐阜市芥見1丁目
北緯35度26分59.4秒
東経136度50分31.9秒
座標: 北緯35度26分59.4秒 東経136度50分31.9秒
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 美濃町線
キロ程 9.3km(徹明町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
885人/日
-1992年[1]-
開業年月日 1911年明治44年)2月11日
廃止年月日 2005年平成17年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

下芥見駅(しもあくたみえき)は、岐阜県岐阜市芥見1丁目にあった名古屋鉄道美濃町線

美濃町線の廃止にともない、2005年(平成17年)4月1日をもって廃駅となった。かつての急行停車駅。

歴史[編集]

1911年(明治44年)に美濃町線が美濃電気軌道の路線として開業した際に開設された。当初は有人駅であったが、1955年(昭和30年)ころから無人駅となっている。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ交換可能駅。ホーム間の行き来は構内踏切で行い、その通路を挟んで上下線列車が斜向かいに停車していた。美濃町線には珍しく木造駅舎が設置されていた。なお、この駅を境に関方面はスタフ閉塞、徹明町・名鉄岐阜方面は特殊自動閉塞となっていたため、運転士間のタブレットの受け渡しも見られた。

配線図[編集]

下芥見駅 構内配線略図

徹明町方面
下芥見駅 構内配線略図
新関方面
凡例
出典:[5]


利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は885人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中235位、 美濃町線日野橋 - 美濃間(14駅)中3位であった[1]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
美濃町線
岩田駅 - 下芥見駅 - 上芥見駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  2. ^ a b 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、880頁。
  4. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、51-52頁。ISBN 978-4-10-790025-8
  5. ^ 宮脇俊三原田勝正 『東京・横浜・千葉・名古屋の私鉄 (JR・私鉄全線各駅停車)』小学館、1993年、209頁、ISBN 978-4093954112

関連項目[編集]