梅林駅 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅林駅
梅林駅に停車中のモ590形
梅林駅に停車中のモ590形
ばいりん
BAIRIN
所在地 岐阜県岐阜市金園町七丁目
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 美濃町線
キロ程 0.9km(徹明町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1911年明治44年)2月11日
廃止年月日 2005年平成17年)4月1日
備考 1950年昭和25年)4月1日に移転。
テンプレートを表示

梅林駅(ばいりんえき)は、岐阜県岐阜市金園町7丁目にあった名古屋鉄道美濃町線停留場)である。

歴史[編集]

1911年(明治44年)に美濃町線が美濃電気軌道の路線として開業した当初から存在する。開業当初、路線の起点は岐阜柳ヶ瀬駅にあり、そこから当駅までの区間は美殿町通りを経る経路をとっていた[1]。しかし1950年(昭和25年)に徹明通りが拡幅されることになると、美濃町線もこちらに線路を移し、起点は岐阜柳ヶ瀬駅から徹明町駅に移った[2]。このときに当駅も新線上に移転している。2005年(平成17年)限りで美濃町線は全線が廃止され、それとともに当駅も廃止された。

駅構造[編集]

併用軌道上の相対式2面2線[5]。ホームはなく、路面を緑色に塗装した「グリーンベルト」から乗降するようになっていた。徹明町から梅林までは複線だが、ここからは単線となる[5]。そのため、自動信号化になるまではスタフの交換のため駅係員が常駐し、駅北側には小さな駅舎もあった。

駅周辺[編集]

梅林の瑞龍寺山麓にはかつて車庫が存在した[6]。車庫は1918年に長住町に移されている(さらに1967年には市ノ坪に移転)[3]

  • 岐阜県岐阜合同庁舎
  • 岐阜市立梅林小学校
  • 梅林公園

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
美濃町線
金園町四丁目駅 - 梅林駅 - 金園町九丁目駅
美濃町線(1950年起点変更による廃止区間)
岐阜柳ヶ瀬駅 - 梅林駅
  • 1950年に廃止された岐阜柳ヶ瀬駅までの区間には、かつて美園町駅(みそのちょうえき)、殿町駅(とのまちえき)が存在した。いずれも設置されていた時期は不詳[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、58頁。ISBN 4-87670-097-4
  2. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、174頁。ISBN 4-7942-0796-4
  3. ^ a b c d e 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4
  4. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、51-52頁。ISBN 978-4-10-790025-8
  5. ^ a b 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、176頁。ISBN 4-7942-0796-4
  6. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、34頁。ISBN 4-87670-097-4

関連項目[編集]