透磁率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
透磁率
magnetic permeability
量記号 μ
次元 M L T −2 I −2
種類 スカラー
SI単位 H/m
テンプレートを表示
真空の透磁率
記号 μ0
×10−7 H/m
相対標準不確かさ 定義値
テンプレートを表示

透磁率(とうじりつ、英語: magnetic permeability)または導磁率(どうじりつ)は、磁場(磁界)の強さ H磁束密度 B との間の関係を B = μH で表した時の比例定数 μ である。単位は H/m (ヘンリーメートル)、あるいは N/A2ニュートン毎平方アンペア)。

磁界の強さ H と磁束密度 B との関係、磁化曲線または B-H カーブの傾きになる。実用的な強磁性磁気材料では、磁化曲線はヒステリシスをもつので、透磁率は始め小さく(初透磁率)、その後大きくなる。

透磁率の大きい材料を芯につかえばより強力な電磁石になる。

真空の透磁率 μ0 との比 μs = μ/μ0比透磁率という。


\mu_0 = 4 \pi \times 10^{-7} \ \mathrm{H/m} = 1.2566370614 \cdots \times 10^{-6} \ \mathrm{H/m}

真空中の誘電率 ε0 と真空中の光速 c との間には


\sqrt{\varepsilon_0 \mu_0} = \frac{1}{c}

という関係がある。

透磁率の値の例[編集]

暗記法[編集]

真空の透磁率を覚える方法に、語呂合わせで「心配無い」(4×π×10-7の意)とするものがある。[要出典]