パーマロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パーマロイ (英語: permalloy) はNi-Fe合金で初透磁率の大きいことを目的に作られた。名前の由来はpermeability(透磁率)+alloy(合金)による。

たとえば磁気ヘッド継電器(リレー)の磁芯、零相変流器などの用途において必要な性能は、微少な磁場の変化に対して容易に応答することである。この用途にいろいろな合金が開発されている。

微量の他元素を添加することで様々な性質を与える事が出来、Ni、Feの他にMoを加えたスーパーマロイ(supermalloy)やCuCrを加えたミューメタル英語版など別の名称をつけた合金もある。NbTa等を添加して耐磨耗性を高めたハードパーマロイは磁気ヘッドに用いられる。

分類[編集]

Fe-Ni二元系合金ではNi含有量が78.5%付近の組成で磁気異方性と磁歪定数の両方が0に近くなるため初透磁率が最も大きくなる。狭義にはこの組成の合金をパーマロイと呼ぶ。広義のパーマロイと区別して78-パーマロイとも呼ばれる。またJIS規格ではパーマロイAと呼ばれる。

これよりNiの少ない組成では、透磁率は小さくなるものの飽和磁束密度が大きくなるため、用途に応じてNi含有量が36%の36-パーマロイ(JIS規格ではパーマロイD)、Ni含有量45%の45-パーマロイ(JIS規格ではパーマロイB)等が用いられる。

78-パーマロイにMo、Cu、Cr等を添加することで更に透磁率を上げることが出来る。これらはJIS規格ではパーマロイCと呼ばれる。最も高い透磁率を持つスーパーマロイはNi79%、Mo5%の組成である。

種類と組成 (wt%)
JIS種類  % Ni  % Cu  % Mo Fe
パーマロイA 78.5 - - 残分
パーマロイB 42〜49 - - 残分
パーマロイC 75〜78 4〜6 - 残分
75〜80 1〜6 3〜5 残分
79〜82 - 3.5〜6 残分
パーマロイD 36 - - 残分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]