趙甬元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
趙甬元
조용원
生年月日 (1957-10-24) 1957年10月24日(64歳)[1][2]
出身校 金日成総合大学
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党
称号

当選回数 1回
在任期間 2019年3月10日 -
最高指導者 金正恩2011年 - )

在任期間 2021年1月10日 -
総書記(総秘書) 金正恩2021年 - )

朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党中央委員会書記局
組織担当書記[4][5]
在任期間 2021年1月10日 -
総書記 金正恩2021年 - )

在任期間 2021年1月10日 -
委員長 金正恩2012年 - )

在任期間 2019年4月10日 - 2021年1月10日
党委員長 金正恩2016年 - 2021年

その他の職歴
朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党組織指導部第1副部長
2019年4月10日 - 2021年1月10日
朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党中央委員会委員
2016年5月6日 - )
テンプレートを表示
趙甬元
各種表記
ハングル 조용원
発音 チョ・ヨンウォン
英語表記: Jo Yong-won
テンプレートを表示

趙 甬元(チョ・ヨンウォン、朝鮮語: 조용원1957年10月24日[1] - )は、朝鮮民主主義人民共和国政治家朝鮮労働党政治局常務委員党中央委員会組織担当書記[4][5]党中央軍事委員会委員、国務委員会委員、前朝鮮労働党組織指導部第1副部長。軍階級は上将とみられる[3]。このほか2021年1月の党大会で新設された党第一書記に任命されたのではないかという憶測もある[6]

2021年の朝鮮労働党第8期中央委員会発足時点での党内序列は金正恩総書記崔竜海に次ぐ第3位であり、金正恩の最側近の一人。

経歴[編集]

生年月日や出生地など詳しいことは不明だったが、2017年の国連安保理決議2356号で制裁対象に指定された際に公表された生年月日は1957年10月24日だった[1]

中央日報の報道によると、義父は朝鮮人民軍上将で朝鮮人民軍総政治局副局長の元明均という[7]1995年金日成総合大学物理学科を卒業[7]。党幹部候補に登用され、江原道党委員会組織指導員に任命された[7]。その後、党中央組織指導部に転じ[7]2012年朝鮮労働党組織指導部第1副部長に就任した[7]

2014年から金正恩委員長の視察などに同行するようになり、2018年2019年には同行した回数が幹部の中で最多となった[8]。「2019年は随行回数1位、2020年は朝鮮人民軍総参謀長である朴正天に次いで2位であった」という観測もある[9]

脱北した元駐英北朝鮮公使太永浩によると、この背景には、金正恩委員長の指示と報告を組織指導部第1副部長として仲介しているからとされ、影の実力者とされる[10]

2016年朝鮮労働党中央委員会第7期第1回総会で党中央委員会委員に選出された。2017年には人権侵害に関与したとしてアメリカ財務省から制裁対象に指定[11][12][13]され、同年6月には国連安保理決議2356号で制裁対象とされ、資産凍結と海外渡航が禁止された[1]

2018年3月25日に金正恩党委員長(当時)が習近平党総書記との会談の為、訪中した際には随行した[14]2019年の第7期党中央委員会第4回総会で、党中央委員会政治局員候補に選出された[15]

2020年10月10日党創建75周年記念軍事パレードでは上将(肩章の星が3つ)の軍服を着用して観閲した[3]

2021年1月10日朝鮮労働党第8次大会で発足した第8期党中央委員会第1回総会党中央委員会政治局常務委員、党中央委員会組織担当書記[4][5][5]党中央軍事委員会委員に選出され、[16][17][18][19]、党内序列を3位とし破格の出世を遂げた[20]。このほか総書記より委任を受け会議を主宰できる事実上ナンバー2のポストとして、党大会で設置された第一書記にも任命されたのではないかという憶測が韓国の報道機関より流れている[4][6]

同年9月29日に開かれた最高人民会議第14期第5回会議第2日会議で国務委員会委員に補欠選挙された[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Resolution 2356 (2017)”. 国際連合安全保障理事会 (2017年6月2日). 2021年5月17日閲覧。
  2. ^ 조용원(남성)” (朝鮮語). nkinfo.unikorea.go.kr. 統一部. 2021年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e 何允儿 (2020年12月17日). “赵甬元授予“劳动英雄”称号……“为金与正掌控组织部做出了贡献”” (中国語). DailyNK. http://china.dailynk.com/chinese/read.php?num=17271&cataId=nk00600 2021年1月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d “北朝鮮 ナンバー2の「第1書記」ポスト新設=金正恩氏最側近が就任か”. 連合ニュース. (2021年6月1日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210601001800882 2021年6月1日閲覧。 
  5. ^ a b c d “사회주의건설의 지역적거점들을 강화하기 위한 중요한 전환의 계기 제1차 시, 군당책임비서강습회 개강 조선로동당 총비서이신 경애하는 김정은동지께서 개강사를 하시였다(社会主義建設の地域拠点を強化するための重要な転換の契機 第1次市・郡の責任秘書講習会開講 朝鮮労働党総書記である敬愛する金正恩同志が開講の辞を述べた)”. 労働新聞. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/6pBMH 2021年3月4日閲覧。 
  6. ^ a b “ナンバー2「第1書記」新設 1月の労働党大会で規約改正―北朝鮮”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年6月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060100817&g=int 2021年6月8日閲覧。 
  7. ^ a b c d e 西岡省二 (2021年2月15日). “経済幹部つるし上げで「こわもて」デビュー――金正恩氏“黒革コート”の最側近はエリート大学で物理学専攻”. Yahoo!JAPANニュース. オリジナルの2021年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/0FqKx 2021年6月1日閲覧。 
  8. ^ 正恩氏、軍関係視察が急増 過去最低の昨年から一転 産経ニュース 2019年12月27日
  9. ^ 北朝鮮で「第1書記」新設と報道 金正恩氏側近の趙甬元氏とは?” (日本語). 北朝鮮ニュース | KWT (2021年6月3日). 2021年6月9日閲覧。
  10. ^ 元駐英北朝鮮公使「北に陰の実力者3人」 中央日報 2017年1月19日
  11. ^ “米国が金正恩氏の妹らを制裁指定…人権侵害を巡り”. デイリーNKジャパン. (2017年1月17日). https://dailynk.jp/archives/81189 2021年5月17日閲覧。 
  12. ^ Treasury Sanctions Additional North Korean Officials and Entities In Response To The North Korean Regime’s Serious Human Rights Abuses and Censorship Activities”. www.treasury.gov. 2021年3月6日閲覧。
  13. ^ Macdonald, Hamish (2017年1月11日). “U.S. sanctions Kim Jong Un’s sister for censorship activities”. NK News. 2019年3月7日閲覧。
  14. ^ 「初の外遊先、あまりに当然」北朝鮮、金正恩氏の訪中を公式報道 デイリーNK 2018年3月28日
  15. ^ 4人が座った主席壇に金正恩委員長だけ…「絶対権力を象徴」 中央日報 2019年4月12日
  16. ^ “金正恩氏が党総書記に 与正氏は政治局候補委員から外れる”. 聯合ニュース. (2021年1月11日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210111000400882?section=nk/index 2021年5月17日閲覧。 
  17. ^ “金正恩氏が総書記に、肩書復活させ父と肩並べ”. 産経新聞. (2021年1月11日). https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/world/news/210111/wor21011108460007-s1.html 2021年5月17日閲覧。 
  18. ^ “조선로동당 중앙위원회 제8기 제1차전원회의에 관한 공보(朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会の公報)”. 労働新聞. (2021年1月11日). オリジナルの2021年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/uiK07 2021年5月17日閲覧。 
  19. ^ “关于朝鲜劳动党第八届中央委员会第一次全体会议公报(朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会の公報)”. 労働新聞中国語版). (2021年1月11日). オリジナルの2021年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/CrIyO 2021年5月17日閲覧。 
  20. ^ 正恩氏の知恵袋、スピード出世 序列3位・趙氏、おそろい?コートでパレード 朝日新聞 2021年1月30日
  21. ^ 金与正氏、国務委員に選出…北朝鮮で最高人民会議 デイリーNK 2021年9月30日

参考サイト[編集]