西川昌希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川昌希
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 (1990-02-26) 1990年2月26日(31歳)
身長 166cm
体重 52kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 三重支部
登録番号 4559
登録期 104期
級別 A2級
選手実績
デビュー日 2009年5月
選手引退日 2019年9月30日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

西川 昌希(にしかわ まさき、1990年2月26日 - )は、三重県出身の元競艇選手。通算優勝12回、SG出場1回。

同期(104期)に松田大志郎中田竜太竹井奈美がいる。

来歴[編集]

幼少期に両親が離婚し、母方の親類だった弘道会幹部の元に預けられる。小学生時代から組の行事に参加し、中学時代には組のシノギを元手にパチスロ、ナイター競輪、裏ポーカーに明け暮れたと回顧している[1]

そんな中、その親族が組の若頭殺害事件に関与したとして逮捕され、「大きくなったら自分はヤクザになるものと思っていた」「蛙の子は蛙という諺を信じ、渡世人として生きる自分を思い描いていた」将来は一転。本人曰く「偶然目にしたボートレーサーの試験にまぐれで合格」し、競艇選手として2009年5月に津競艇場でデビュー[1][2][3]

2015年は3月の鳳凰賞競走尼崎競艇場)でSG初出場、同年12月に平和島競艇場で行われたトーキョー・ベイ・カップ(周年記念)G1初優勝戦で2位入賞。三重支部のホープとして活躍が期待されていた。

突然の引退と逮捕、八百長発覚[編集]

2019年9月30日付けで突然引退届を提出。当時は腰痛による体調不良など、健康面の問題が引退の原因であると推察されていた[4]。実際には、西川はこの時既にモーターボート競走会に八百長の事実を伝えた上で「責任を取るため引退したい」としたが、競走会はこのことを世間に公表することを避けている[1]

しかし2020年1月8日、親族の男と共に名古屋地方検察庁特別捜査部に逮捕された事が報じられた[5]びわこ競艇場で行なわれた2019年7月2日の第6回G3イースタンヤング第7競走にて、故意に減速し順位を操作する八百長行為をし[6]、同じく逮捕された男から見返りとして現金300万円を受け取ったというモーターボート競走法第72条(競走に関して賄賂を遣り取りする行為及び競走における不正行為の禁止、競走で全力を尽くす義務)に違反したもので、その後起訴された[7][8][9]。その後、さらに11の競艇場・18のレースでも故意に順位操作を行い、見返りとして計3,425万円を受け取ったとして名古屋地検特捜部に再逮捕・追起訴された[10][11]3月19日名古屋地方裁判所にて初公判を行い、起訴内容を認めた[12]

10月21日、名古屋地裁は西川に、懲役3年・追徴金3,725万円(求刑懲役4年・追徴金3,725万円)の、執行猶予の無い実刑判決を言い渡した(共犯者には懲役3年・執行猶予5年・罰金1,100万円(求刑懲役3年・罰金1,100万円))[13]

西川は、八百長に至った動機について「カネだけが目的だったのかと言えば、そうではない気もする」とし、「自分の思い描いた八百長の構図をレースで演じ切る」ことに強い達成感を抱いていたという。その一方で、全盛期の1年間の賞金額に相当する2500万円以上の金を数回の八百長で稼げる(なおかつ税金が取られない)こともやはり八百長を行った理由の一つであり、「いったん不正の旨味を知った俺は、甘い誘惑から逃れられなくなった」とも綴っている[1]。また、2015年5月に同一シリーズで2度のフライングを犯し、90日間の斡旋停止を受けたことでモチベーションが低下していたところ、共犯者との些細な会話から興味本位で八百長の実行に至ったとも語っている[1]

戦績[編集]

  • 出走回数:2112回
  • 1着回数:488回
  • 優出回数:52回
  • 優勝回数:12回
  • フライング(F)回数:18回
  • 出遅れ(L)回数:0回
  • 通算勝率:5.74
  • 2連対率:40.67
  • 3連対率:56.53
  • 生涯獲得賞金:174,553,690円
  • G1優出:1回

著書[編集]

  • 競艇と暴力団(2020年11月、宝島社

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e "ヤクザの息子として育てられた少年時代…一流の競艇選手だったオレが八百長に手を染めた理由:『競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白』より"(#1 / #2)文春オンライン(西川昌希)、2020年11月22日、同日閲覧
  2. ^ エキサイティング・ガイ 西川昌希(前編) - スポーツナビ
  3. ^ エキサイティング・ガイ 西川昌希(後編) - スポーツナビ
  4. ^ ボートレース三重支部のホープ・西川昌希が電撃引退 日刊スポーツ、2019年10月1日、2020年5月22日閲覧
  5. ^ ボートレース順位操作容疑 見返りに現金、元選手ら逮捕 サンケイスポーツ、2020年1月8日、2020年5月22日閲覧
  6. ^ 結果 BOAT RACE公式
  7. ^ [ボート]八百長発覚避けるためオッズを見ながら舟券を小分けに購入 スマホでレース直前までやりとり - 中日スポーツ(CHUNICHI Web) 2020年1月9日 17時1分
  8. ^ ボートレースで八百長した疑い、元競艇トップ選手ら逮捕 - 朝日新聞デジタル 2020年1月8日 20時47分
  9. ^ 有利なコースでわざと減速か ボート八百長容疑の元選手 - 朝日新聞デジタル 2020年1月12日 8時00分
  10. ^ 競艇八百長事件で元レーサーら再逮捕 計18レースで3400万受け取った疑い - 毎日新聞 2020年1月28日
  11. ^ 元ボートレーサー西川昌希容疑者と親族男を追起訴”. 日刊スポーツ. 2020年3月4日閲覧。
  12. ^ 競艇八百長、贈収賄認める 元選手が不正持ち掛け―名古屋地裁 - 時事通信 2020年7月26日閲覧。
  13. ^ 競艇不正、元選手に懲役3年の判決「動機は身勝手」 - 朝日新聞デジタル 2020年10月21日

外部リンク[編集]