塩崎桐加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩崎 桐加(しおざき ひさか、1992年4月20日 - )は、三重県出身の女子ボートレーサー。登録番号4589。身長160cm。血液型B型。105期。三重支部所属。

塩崎桐加
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 ( 1992 -04-20) 1992年4月20日(27歳)
身長 160cm
体重 50kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 三重支部
登録番号 4589
登録期 105期
級別 A2級
選手実績
デビュー日 2009年11月30日
通算優勝 3回
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

夫は同じボートレーサーの石塚裕介

来歴[編集]

2009年

11月30日から12月3日にかけて、津競艇場で行われた「津グランプリシリーズ第6戦」でデビュー。初出走は11月30日の第2レース、6号艇で5着だった。(6コース、ST.23)


2010年

9月27日に津競艇場で行われた「第4回津レディースチャンピオンカップ」の開催5日目、第1レースで4号艇で出走。6コースから.03の好スタート、まくりを決め初勝利。


2013年

5月大村競艇場で行われた「第10回 夢の初優勝W優勝戦」で初優出。結果は5着。(6号艇、6コース、ST.19)


2015年

4月に同じボートレーサーである石塚裕介と入籍。[1]

11月6日江戸川競艇場で行われた「ヴィーナスシリーズ第7戦 江戸川JINRO CUP」で、4号艇で優勝戦進出。4コースから.23のトップスタートを放ち、差しを決め6回目の優出にしてデビュー初優勝。[1]


2016年

8月2日から津競艇場で行われた PGⅠ第30回レディースチャンピオンにてGⅠ初出場。2日目後半第9レースでは、1号艇に山川美由紀、5号艇に小野生奈といった強豪なメンバーの中、4号艇で出走。4コースから.10のトップタイのスタートを決め、まくり差しでGⅠ初勝利。

そして、10月9日に終了した津競艇場、「ヴィーナスシリーズ第9戦」をもって産休に入る。


2017年

7月に第1子となる男児を出産する。


2018年

1月6日から宮島競艇場で開催された「デイリースポーツ杯争奪男女W優勝戦」にて、産休から復帰。すると、復帰1節目でありながら優勝を収める。(4号艇で出走。4コースから.11のスタート、決まり手は差し。通算2回目。)

12月31日には平和島競艇場で行われた「GⅢ第7回レディースクライマックスシリーズ」にて通算3回目の優勝を収める。(4号艇で出走。4コースから.14のトップタイのスタート、決まり手はまくり。)[2]


2019年

前期において自身初のA1級に昇格。

さらに、3月5日から児島競艇場で開催された「GⅡ第3回レディースオールスター」に得票数2,964票、得票数順位第32位で初出場。優勝戦まで駒を進めた。[3]

7月17日に、愛知県豊橋市にある豊橋市民球場で行われたプロ野球セントラル・リーグ公式戦、中日ドラゴンズ阪神タイガース第14回戦の始球式を務める。[4]

人物[編集]

愛称は「艇界のプリンセスツリー」。[5]

4号艇と相性が良く、デビュー初勝利、GⅠ初勝利に加え、過去3度の優勝も全て4号艇での出走である。

脚注[編集]

関連項目[編集]