藤嶋昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤嶋 昭
(ふじしま あきら)
生誕 (1942-03-10) 1942年3月10日(75歳)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 化学
研究機関 神奈川大学
東京大学
科学技術振興機構中国総合研究センター
東京理科大学
出身校 横浜国立大学工学部
東京大学大学院工学系研究科博士課程
主な業績 本多-藤嶋効果酸化チタン光触媒反応)の発見
主な受賞歴 #学術賞参照
プロジェクト:人物伝

藤嶋 昭(ふじしま あきら、1942年3月10日 - )は、日本化学者。専門は光電気化学、機能材料化学。東京理科大学学長[1]。東京理科大学光触媒国際研究センターセンター長[2] 兼 東京理科大学光触媒研究推進拠点拠点長[3]。初代東京大学特別栄誉教授。東京応化科学技術振興財団理事長[4]。財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長。2006~2007年度日本化学会会長。他に日本学術会議会員、化学委員会委員長、光機能材料研究会会長、電気化学会会長、光化学協会会長、川崎市教育アドバイザーなどを歴任。

東京都世田谷区生まれ、1944年から中学入学まで愛知県豊田市に疎開した経験を持つ[5][6][7]

人物[編集]

東京大学大学院に在学中の1967年春、水溶液中の酸化チタン電極に強い光を当てたところ、酸化チタン表面で光触媒反応が起きることを発見。この現象は共同研究者の本多健一の名前と合わせ「本多-藤嶋効果」と呼ばれる。それらの業績が認められ、2004年に日本国際賞を受賞している。 2013年4月に東京理科大学光触媒国際研究センターを開設しセンター長に就任、同センターにより光触媒の多様な応用展開を実現[8]。また、学長職の現在も2014年に光触媒による伝染病撲滅装置の試作品を完成させるなど、様々な研究を実践し続けている[9]

経歴[編集]

学術賞[編集]

  • 1983年 朝日賞
  • 1987年 電気化学協会学術賞
  • 1988年 光化学協会賞
  • 1997年 日本照明学会賞
  • 1998年
    • 井上春成賞
    • Innovations in Real Materials Award(実用材料発明賞)
  • 1999年
    • 電気化学賞・武井賞
    • Award of Federation of Asian Chemical Societies(アジア化学連合会賞)
  • 2000年
    • 日本化学会賞
    • Award of Journal of AOTs Advanced Oxidation Technologies(Ti02賞)
  • 2003年 第1回The Gerischer Award
  • 2004年
  • 2005年 APA Award
  • 2006年 恩賜発明賞
  • 2011年 The Luigi Galvani Medal
  • 2012年 トムソン・ロイター引用栄誉賞『本多-藤嶋効果(酸化チタンの光触媒反応)の発見』[11]

栄誉・叙勲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]