石川正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石川 正俊(いしかわ まさとし)は、日本の工学者。東京理科大学学長[1]東京大学名誉教授、元東京大学理事・副学長、元計測自動制御学会会長。

東京大学博士(工学)茨城県出身[2]

略歴[編集]

主な受賞[編集]

  • 1988年 工業技術院長賞
  • 1999年 櫻井健二郎氏記念賞
  • 2011年 紫綬褒章
  • 2012年
    • 島津賞
    • エリクソン・テレコミュニケーション・アワード
    • 服部報公賞[3]
  • 2018年 立石賞特別賞
  • 2021年 市村学術賞功績賞[4]

研究分野[編集]

システム情報学 (センサ工学, ロボット工学, 画像処理, 認識行動システム, 生体情報処理)

科学アカデミー会員[編集]

  • 1997年 - 計測自動制御学会 フェロー
  • 2010年 - 日本ロボット学会 フェロー
  • 2012年 - 電子情報通信学会 フェロー
  • 2014年 - 日本機械学会 フェロー
  • 2019年 - 日本工学会 フェロー

脚注[編集]

先代
曽禰寛純
計測自動制御学会会長
2011年 - 2012年
次代
白井俊明