真島正市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真島 正市(まじま まさいち、1886年12月15日 - 1974年4月28日)は、日本の応用物理学者東京大学名誉教授。元東京理科大学学長

人物[編集]

香川県大川郡神前村(現さぬき市)生まれ。日本における応用物理学分野の権威であり、金属、木材、摩擦、衝撃、燃焼等、多方面に亘って物理現象を研究する。1965年文化功労者。主著に『応用物理学実験法』、『圧力測定法』等。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 書籍粘性測定法 共立社書店 非売品 昭和8年6月16日発行