藤堂虎高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤堂 虎高
Tōdō Torataka.jpg
藤堂虎高像(上行寺[1])
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正13年(1516年
死没 慶長4年10月18日1599年12月5日
改名 源助(幼名)→虎高
別名 白雲斎(号)
主君 武田信虎京極高吉浅井亮政
久政長政豊臣秀長?
氏族 三井家藤堂氏
父母 父:三井乗綱、養父:藤堂忠高
正室:藤堂忠高の娘
側室:宮崎一郎左衛門の娘
娘(鈴木弥右衛門室)、高則高虎
娘(山岡直則室、後に渡辺守(渡辺了息子)室)、
高清正高、娘(藤堂高経室)
テンプレートを表示

藤堂 虎高(とうどう とらたか)は、戦国時代から安土桃山時代武将近江犬上郡藤堂村の土豪。子に藤堂高虎など。愛智氏を称したこともある。

生涯[編集]

永正13年(1516年)、近江鯰江城主・三井乗綱の次男として生まれた。藤原姓三井氏にあたり、江戸時代の豪商・三井家や江戸時代の大名家・藤原姓毛利氏鯰江氏)らも近縁とされる。

若くして近江を離れて甲斐武田氏に仕え、才を寵愛されて主君の武田信虎より「虎」の偏諱を授かるほどになったが、故あって武田家を離れた(巷説では若い他国者の出世に対する同僚の嫉妬とされる)。

近江に帰国後、藤堂忠高の婿養子となる。 婿養子先の藤堂家は在地の有力土豪といえども、虎高の代には犬上郡数村を支配する程度に没落していた。はじめ京極氏、後に浅井氏に仕えた。長男・高則は早くに戦死したが、次男の高虎が出世していく過程で、自然とその家中に編入された。正し豊臣秀長の家臣になったか食客なのかは資料が無く不詳となっている。家督を高虎に譲った後、故郷の白雲山を偲んで白雲斎と号した。

慶長4年(1599年)、高虎の領地である伊予宇和島城で死去した。享年84。

脚注[編集]

  1. ^ 三重県指定文化財。紙本著色、1幅、縦76.7x35.4cm。元和7年(1621年)7月中澣(11~20日)の年記。日饒斎藤道三の息子)賛。肖像画は狩野山楽の物に酷似し、日饒の花押の下には削り取られたような跡が見られる。これは、大坂夏の陣後に幕府から狙われた山楽櫃であることを隠すためだと見られ、肖像画制作も虎高の命日に近い頃だと考えられる(三重県編集発行 『三重県史 別編 美術工芸(解説編)』 2014年3月31日、pp.151-152。解説は狩野博幸)。