藤堂高衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤堂 高衡
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦14年2月27日1764年3月29日
死没 天明元年10月9日1781年11月24日
改名 山七郎(幼名)、高衡
戒名 徳聚院殿照月行源大居士
墓所 東京都港区南青山の青山墓地
三重県津市寿町の寒松院
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高周、養父:藤堂高興
正室:なし
実子:なし、養子:高矗

藤堂 高衡(とうどう たかひら)は、伊勢久居藩の第10代藩主。久居藩藤堂家10代。久居陣屋の主。

生涯[編集]

伊勢津藩家臣・藤堂高周の長男。宝暦14年(1764年)2月27日、津で生まれる。高周(東雲院)は一族の藤堂出雲家(藩祖藤堂高虎の弟・藤堂高清の子孫)の第7代当主であった。安永6年(1777年)に第9代藩主・高興が死去したため、その養子として家督を継いだ。安永7年(1778年)に桜田防火使を務め、天明元年(1781年)9月5日に従五位下・佐渡守に叙位・任官する。

直後に勅使接待役を幕府より命じられたが、病に倒れて10月9日に江戸で死去した。享年18。跡を実父・高周の養子となっていた高矗が継いだ。