藤堂高美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤堂 高美 (とうどう たかよし、文政7年(1824年)- 元治元年8月29日1864年9月29日))は、津藩名張藤堂家(藤堂宮内家)第10代。伊賀国名張1万5000石の領主。

父は津藩の第10代藩主藤堂高兌。正室は藤堂長徳の長女都留子。養子は藤堂高節。幼名松千代。通称大炊、宮内。

文政4年(1821年12月14日生まれとする説もある(『平成新修旧華族家系大成』)。名張藤堂家の先代長徳の長男の長親が早世し、次男の長邦(藤堂高邦)は久居藩主家を継いでいたため、長徳の婿養子となる。元政元年(1864年)8月6日に家督相続したが、同年8月29日に急死した。享年41。葬地は名張徳蓮院。藤堂采女家から高節が養子入りして名張藤堂家の家督を継いだ。