鯰江城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
鯰江城
滋賀県
現在の鯰江城址。土塁の跡が見える。
現在の鯰江城址。土塁の跡が見える。
城郭構造 平山城
主な改修者 鯰江貞景
主な城主 鯰江貞景
廃城年 1573年
位置 北緯35度6分31.8秒
東経136度14分31.7秒
座標: 北緯35度6分31.8秒 東経136度14分31.7秒

鯰江城(なまずえじょう)は、近江国愛知郡鯰江荘(現・滋賀県東近江市鯰江町)にあった日本の城平山城)。同地を本拠とした鯰江氏の居城であった。

概略[編集]

室町時代、鯰江氏は六角氏に属して勢力を伸ばしていたが、永禄11年(1568年)に観音寺城の戦いで六角氏の居城である観音寺城が落城したため、城主の鯰江貞景甲賀郡に逃げていた六角義賢義治父子を迎え入れ、主家復興のため織田信長に反抗を企てた。

貞景は鯰江城に空濠の増設・土塁の増強を含む改修を施し、百済寺の僧や一向宗と結び籠城したが、天正元年(1573年)9月、柴田勝家らの軍勢によって落城した[1]。鯰江城落城後、鯰江氏は全国へ散り各大名に仕えたが、貞景の子・定春は豊臣秀吉に従い、大阪に鯰江の地名を残している。

地理[編集]

鯰江城は愛知川の断崖を活かして築かれ、川から城への上り道は細道1か所という防御に有利な地形であった。現在は県道が通り、川岸は田畑として利用されている。

現況[編集]

現在は、土塁の一部や石碑が残るのみであり、城跡は住宅地となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀総合研究所(1992)、p.68

参考文献[編集]

  • 滋賀総合研究所『湖国百選 Beautiful Shiga 101 城』滋賀県企画部地域振興室、1992年