藤井武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤井 武(ふじい たけし、1888年1月15日 - 1930年7月14日)は、無教会の伝道者。

経歴[編集]

陸軍軍人浅村安直の次男として石川県金沢に生まれる。1901年に藤井鉄太郎の養子になる。1904年に第一高等学校に入学、1907年に第一高等学校を卒業し、東京帝国大学法科大学に入学する。1909年内村鑑三の聖書研究の会員になり柏会に所属した。1911年に東京帝国大学を卒業すると、京都府に官僚として赴任する。

1913年に山形県警察部警視になり、1914年山形県の理事官になる。デンマークニコライ・グルントウィーの国民教育を規範として山形県自治講習所を設立する。

1915年官僚を辞め、内村鑑三の助手になる。1916年に『新生』と『ルーテルの生涯及び事業』を刊行する。

1920年に独立し『旧約と新約』を刊行し、独立伝道生活に入る。1929年には『聖書より見たる日本』を刊行する。

1930年、胃潰瘍のため死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)24頁

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年。
  • 関根正雄『内村鑑三』清水書院、1967年。