鈴木弼美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 弼美 (すずき すけよし、1899年11月21日-1990年5月26日)は内村鑑三の弟子で、基督教独立学園高等学校の創設者、で初代校長。

生涯[編集]

初期[編集]

1899年山梨県北都留郡七保村大字葛野で、800年続いた甲斐絹問屋・鈴木商店の店主鈴木治作の次男として生まれる。

東京帝大時代[編集]

1920年、東京帝国大学理学部物理学科に入学する。1924年1月27日より、東京府柏木の内村鑑三邸内の今井館で行われた内村の聖書研究会に出席するようになった。1924年6月頃内村が山形県小国郷と、岩手県の北上山地伝道を柏木集会の青年に呼びかける。[1]1926年東京帝国大学理学部を卒業する。卒業後、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ近江ミッション(近江兄弟社)の事業を手伝う。1926年、志願兵として、豊橋の高射砲第1連隊に入隊する。1928年東京帝国大学理学部の助手になる。8月に、鈴木俊郎と一緒に小国伝道に行く。9月22日に日曜日の集会で小国伝道隊の報告を行う。[2]

小国伝道時代[編集]

1931年正池ひろと結婚する。1932年伝道に打ち込むために東京帝国大学を退職する。1933年に小国郷津川村に単身移住する。翌年1934年5月母と妻子が移住する。1931年基督教独立学校を創立して、初代校長に就任する。当時の生徒は二人。

軍隊時代[編集]

1937年に日中戦争のために鈴木が、技術将校の陸軍少尉として召集される。立川航空工廠監督官に命ぜられる。独立学園は休校になる。1941年1月に鈴木は招集解除となり、旧制米沢高等工業学校(山形大学工学部)の講師に就任するが、7月第二次世界大戦独ソ戦争が起きたために再召集され陸軍中尉になり、航空工廠技能者養成所の教官になる。

1943年に鈴木は招集解除されて陸軍大尉に昇進して帰宅する。基督教独立学園の再開を計る。1944年、「この戦争は日本が悪いから負ける」と発言したため治安維持法違反容疑で逮捕され、山形警察署地下監房に収監された。1945年2月12日に釈放されて帰宅。

学校再建時代[編集]

1948年5月26日基督教独立学園高等学校の創立式を行う。1949年に文部省が学校法人基督教独立学園を新制高等学校として認可する。1982年に理事長を退任する。老年まで自ら教鞭を執り、日曜聖書集会の講義を継続。1988年校長を引退し、武祐一が後任になる。鈴木は名誉校長に就任。1990年5月26日90歳で死去、同年6月9日に独立学園講堂にて告別式が行われた。 この模様はテレビ局も取材し、ニュースに流れた。

脚注[編集]

  1. ^ 内村がアメリカに留学していた頃に日本地図を広げて、将来伝道すべき所として選んだ、人跡稀な三四箇所の市の一つであった。
  2. ^ 内村美代子『晩年の父内村鑑三』59ページ

参考文献[編集]

  • 「基督教独立学園年表」