モアブ婦人会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1929年クリスマスのモアブ婦人会

モアブ婦人会(もあぶふじんかい)は、内村鑑三の娘内村ルツ子の死を記念して結成された会である。

歴史[編集]

1912年内村鑑三の二女ルツ子が死去する。翌年の記念日に内村家ゆかりの夫人たちが集まった時に、内村鑑三の主唱で結成された会である。1913年発足時は34名の会員がいた。ほとんどが内村聖書研究会の会員の夫人や姉妹などの内村家に関係のあるメンバーである。

ルツ子の母親の内村静子が会長を務め、内村鑑三も時々出席した。

毎週第三水曜日に会員に枝を順繰りに廻って会を開き、聖書研究と感話と祈りをして、軽い茶菓を供するという会であった。

主な会員[編集]

参考文献[編集]