聖書之研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京府柏木(現・東京都新宿区)の自宅書斎で聖書研究をする内村鑑三

聖書之研究』(せいしょのけんきゅう)は、1900年より1930年まで刊行された、日本で最初の聖書雑誌である。

経緯[編集]

『聖書之研究』第百号記念感謝会(1908年6月)

内村鑑三は、1898年(明治31年)5月22日に萬朝報を退社して、同年6月10日『東京独立雑誌』の主筆として雑誌記者になる。『東京独立雑誌』で、内村は社会、政治、文学、科学、教育、宗教上の問題の評論を始めた。しかし、1900年7月5日の第72号をもって突然廃刊した。

内村は『東京独立雑誌』の最終号に『聖書之研究』を創刊を広告した。内村はアマースト大学時代から『聖書之研究』という名前の雑誌を公刊したいと考えていた。

1900年10月3日に第1号が刊行された。創刊号では「感話」「説教」、聖書の「講話」と「研究」などを主筆の内村鑑三が執筆している。他には、田村直臣住谷天来吉野臥城などが執筆している。初号の3000部は完売して、再版を出している。

東京独立雑誌が「義」を説くモーセ律法ならば『聖書之研究』は「愛」を伝えるキリストの福音であると内村は見ていた。

内村鑑三が1930年(昭和5年)3月28日に没した後、遺言によって357号にて終刊された。

参考文献[編集]