基督信徒の慰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

基督信徒の慰め』(きりすとしんとのなぐさめ)は、1893年2月に刊行された内村鑑三の文学作品である。この書において内村は初めて無教会主義の概念を提示した。正宗白鳥はこの書を愛読して大きな影響を受けた。

内容[編集]

序文の中で、「著書の自伝にあらず」と書いているが、1891年の「不敬事件」の時の生活体験に基づいていると言われる。

構成[編集]

「愛するものの失せし時」「国人に捨てられし時」「基督教会に捨てられし時」「事業に失敗せし時」「貧に迫りし時」「不治の病に罹りし時」の6章よりなっている。

参考文献[編集]

  • 鈴木範久『内村鑑三』岩波書店、1982年

初出[編集]

  • 内村鑑三著『基督信徒の慰』警醒社、1893年