加藤完治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 完治

加藤 完治(かとう かんじ、1884年明治17年)1月22日 - 1967年昭和42年)3月30日)は、日本教育者農本主義者剣道家

来歴・人物[編集]

東京府出身。旧平戸藩藩士、加藤佐太郎の長男として生まれる。東京府立第一中学校第四高等学校を経て、1911年明治44年)東京帝国大学農科大学を卒業。大学では直心影流山田次朗吉剣道を学んだ。

内務省勤務、茨城県水戸市の農業訓練所所長を経て、1913年大正2年)愛知県立安城農林学校(後の愛知県立安城農林高等学校)勤務。1915年(大正4年)山形県立自治講習所所長。1925年(大正14年)、茨城県友部町日本国民高等学校(後の日本農業実践学園)を創立、農民子弟教育にあたる。入学試験を設けず、生徒が多くなりやむを得ず入学試験を実施した際には、点数の低い者から合格させるように指示した。また、武道による人間教育を唱え、直心影流法定の形を指導した。

当初は熱心なキリスト教徒であったが、後に古神道に改宗、筧克彦の古神道に基づく農本主義を掲げ、関東軍将校で満州国軍政部顧問東宮鉄男満蒙開拓移民を推進した。満蒙開拓青少年義勇軍の設立にかかわり、1938年昭和13年)、茨城県内原町(後に水戸市)の日本国民高等学校(1935年に移転)に隣接して、満蒙開拓青少年義勇軍訓練所を開設。8万人を輩出した。

第2次世界大戦後、公職追放GHQからA級戦犯として召喚されたが、「貴方は日本の再建に是非必要な人です」と敬礼を以て送り返された[1]1953年(昭和28年)日本国民高等学校校長に復帰し、のち名誉校長に就任。1967年(昭和42年)、肝臓癌のため死去[2]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊剣道日本』2008年9月号、スキージャーナル
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)8頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]