英会話 (NHKラジオ第2放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『NHKラジオ英会話』(えいかいわ)は、1992年度から2001年度までNHKラジオ第2放送で放送されていた語学番組である。

1992年にそれまで放送されていたNHKラジオ「英語会話」をリニューアルし、番組名を変更し、放送時間を15分から20分に延長して始まった。2002年度からは「英会話レッツスピーク」としてリニューアルされた。

放送内容[編集]

1992年度 - 1997年度[編集]

講師:大杉正明(清泉女子大学教授)

月曜日から木曜日はレッスン、金曜日はその週の復習、土曜日は1週目は歌の解説、2週目は文法解説、第3週と第4週はゲストのインタビューとその解説であった。また、夏と冬と春の時期には、金曜日の復習の再放送と、ゲストが現地の人々にインタビューしたものが放送されていた。

1997年度放送は、スキットのストーリーが当時流行していたトレンディドラマ風であったことから、女性誌等で話題になったこともある。

1998年度 - 2001年度[編集]

講師:マーシャ・クラッカワー (聖心女子大学教授)

月曜日から木曜日はレッスン、金曜日はその週の復習、土曜日は特別レッスンであった。

ちなみに、マーシャ・クラッカワーは1974年4月から1980年3月にかけて「続基礎英語」(NHKラジオ第2放送)、また1973年4月から1986年9月にかけて「英語会話Ⅰ」<英語会話初級・英語会話stepⅠ含む> (NHK教育テレビ)のアシスタントだった。 続基礎英語では、安田一郎(当時成城大学教授)と、また英語会話Ⅰでは、田崎清忠(当時横浜国立大学教授)、杉山隆彦(当時成城大学教授)、松田徳一郎(当時東京外国語大学教授)、小川邦彦(当時国際基督教大学教授→山梨大学教授)の各氏と共にした。

関連項目[編集]