テレビでフランス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレビでフランス語(テレビでフランスご)は、NHK教育テレビジョン2008年4月2日から2016年9月21日まで放送されたフランス語語学講座番組である。

概要[編集]

前身は『フランス語会話』。2008年度からの各語学講座番組の刷新により、ドイツ語・スペイン語・イタリア語・中国語・ハングル講座とともに、タイトルが改められた。

放送時間[編集]

  • 本放送 毎週水曜日0:00〜0:25
  • 再放送 翌週木曜日6:00〜6:25

出演者[編集]

2015年度上期・2016年度上期[編集]

今期[いつ?]が最後の放送。

2014年度上期・2015年度下期[編集]

2013年度上期・2014年度下期[編集]

※2013年度の本放送時は第2課までニコラが出演するも3課より降板、出演部分が映らないように編集されてしまった。
 上に伴い、ミニ・スキットは3課以降、ヨアンとキム(13課からはセレスト)が担当。
 また「ユーロ・キッチン」は、放送3ヶ月目よりジェニファー担当で放送された。

※その後、2014年度の再放送では3課以降もニコラが出演した(番組本編は12課まで、また「ユーロ・キッチン」は毎月)。
 このため、前年と内容が大幅に変わり、キムおよびジェニファーがそれぞれ出演するコーナーは放送されなかった。

2012年度上期・2013年度下期[編集]

※パリ、マルセイユ、トゥールーズの3都市を紹介。
 ネイティヴゲストにも、各都市の出身者が出演した。

2011年度上期・2012年度下期[編集]

2010年度上期・2011年度下期[編集]

2009年度上期・2010年度下期[編集]

2008年度下期[編集]

2008年度上期・2009年度下期[編集]

各コーナー[編集]

2014年度上期・2015年度上期[編集]

  • レモンの日本発見

2014年度からのコーナーで、フレンチブルドッグのレモンが日本文化について紹介するコーナー。 2015年度はフランス在住のエミリーとその家族が登場し、レモンは同タイトルのテレビ番組に出演するという形で登場(『レモンが好きなんだって』)。

2013年度上期・2014年度下期[編集]

  • EURO24
  • Le français en chansons
    フランス語の発音を歌で学ぶコーナー。
  • ミニ・スキット
    ゲストによる範例を見せ、普通は真飛が1役に挑戦した。
  • ユーロ比べて見れば(第2週)
  • ユーロ・キッチン(第3週)

2012年度上期・2013年度下期[編集]

  • EURO24
  • Un mot de plus(もう1言)
  • 街歩き雑学
  • ユーロ比べて見れば(第4週)

2011年度上期・2012年度下期[編集]

  • EURO24
  • ミレイの美しすぎる動詞活用
  • ジャニックの言葉の庭(発音コーナー)
  • 文化コーナー
    • toc! toc! フランス語ワールド(第1週)
    • インタビュー(第2週)※2012年後期の再放送時には全ての月ではないが新作に切り替えられていた。
    • となりのフランコフォン(第3週)
    • ユーロくらしカル(第4週)

2010年度上期・2011年度下期[編集]

ナビゲーターの知花がフランス語が話せるということで司会進行時にフランス語を話し、文法解説もする。

  • EURO24
  • フランス小散歩
  • 愛から学ぶフランス語初級編
ロロ、パト、リリがコントを繰り広げる。リリに対して連戦連勝のロロ、連戦連敗のパトとの対比で繰り広げている。
  • フランス愛のことば
フランスの作家の作品中にある、愛に関するフレーズを抜き出して説明する。

2009年度上期・2010年度下期[編集]

前半3か月[編集]

テーマは「パリで輝く仕事人」。

クリステルとシリルが部屋でテレビを見ている設定。最初に7つ道具からその人の職業を当てる。そのあと仕事シーンを見て、コミュニケーションの助けとなる表現を取り入れ、単語を入れ替えて練習する。最後に「好きな香り・嫌いなにおいは?」などの5つの質問をする。

後半3か月[編集]

テーマは「心に響く言葉」。

クリステル、ジェシー、マリー・ピエールの3人が部屋でテレビを見ている設定。毎回テーマが設定されている。最初にスキットを見てフレーズをSalon de culture進行役のニコラとミゲルが解説する。後半はニコラ、ミゲルと講師(桑瀬、宮下、三浦)が文学や過去に著名人が残した言葉を取り上げて解説する。

毎月最終週「Divertissement」[編集]

講師は北村、進行役はクリステルとシリル、生徒は髭男爵。ジェニファーのフランス家庭料理紹介、クレモンティーヌ親子のパリスタイル紹介、著名人のインタビュー、視聴者からの質問などを紹介する。

エンディング「発音の歌」[編集]

毎回、最後に発音の歌を流している。北村が振付と発音のポイントを紹介し、ジェシーが歌う。作詞はヴァンソン・ジリ、作曲はドミニク・シャニョン

2008年度下期[編集]

2005年10月から2006年3月の「フランス語会話」の再放送。

生徒役を設けず、コトバを研究するフランス研究所を設定とし、國枝先生が所長、パトリス、ケティ、フレデリックの3人を研究員と位置づけした。番組は、まずパトリスが一つの母音、子音を取り上げ、発音するコーナーがあり、その後毎回設定されたフレーズを元に、パトリスらが3つのシチュエーションを演じたスキットとその解説が続く。そして中級となるスキットコーナー「リュミエール・デュ・ミディ」で毎月のテーマを設け、南仏の様子を紹介する。スキット内の応用表現や、文化的背景などの解説があった。ミニコーナーとしてパトリスが擬声語を紹介する「オノマトペ」がある回もあり、最後にフレーズを街の人々に投げかけ、返答を聞き取るコーナーが続く。

文化コーナーは週替わりで、新作は「MAINS ET MERVEILLES フランス伝統職人 匠の技」(TV5MONDE制作)。その他の週は、2005年度の「ケティのフランス事情通」(再放送)、映画・音楽関係のインタビュー、企画となっている。

2008年度上期・2009年度下期[編集]

  • スキット
  • マダム北村の発音アトリエ
  • ムッシュ佐藤の文法お宝探し
  • 美優の女優修行
  • 水に流して
  • 魅惑の北フランス
  • Comedie(毎月最終週)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK教育テレビ 水曜23時後半枠
前番組 番組名 次番組
テレビでフランス語
(2008年度)
青春リアル(再放送)
NHK教育テレビ 水曜24時前半枠
テレビでフランス語
(2009,10年度)
NHK教育テレビ 水曜23時後半枠
青春リアル(再放送)
テレビでフランス語
(2011年度)
めざせ!会社の星(再放送)
NHK教育テレビ 水曜22時後半枠
テレビでフランス語
(2012年度-2014年度)
NHK教育テレビ 水曜0時前半枠
テレビでフランス語
(2015年度-2016年度)
NHK教育 フランス語講座番組
前番組 番組名 次番組
テレビでフランス語