芋粥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芋粥」(いもがゆ)は、1916年大正5年)9月1日の『新小説』に発表された芥川龍之介短編小説である[1]。『今昔物語集』の一話に題材をとり、「」と並ぶ古典翻案ものの一つと位置づけられる。本作品は芥川の想像力を生かして、「自由」の追求がテーマである。

あらすじ[編集]

時代は平安時代元慶仁和年間の頃。主人公の五位[2]摂政藤原基経のもとに勤務する、風采のあがらない40歳過ぎのの小役人である。彼は才覚もなければ見た目も貧相で、日ごろ同僚からも馬鹿にされ、道で遊ぶ子供に罵られても笑ってごまかす、情けない日常を送っている。しかしそんな彼にも、あるひそかな夢があった。それは芋粥[3]を、いつか飽きるほど食べたいというものだった。

ある集まりの際にふとつぶやいた、その望みを耳にした藤原利仁が、「ならば私が、あきるほどご馳走しましょう。北陸の私の領地にお出でなされ」と申し出る。五位は戸惑いながらその申し出に応じ、彼に連れられて領地の敦賀に出向く。しかし、利仁の館で用意された、大鍋に一杯の大量の芋粥を実際に目にして、五位はなぜか食欲が失せてしまうのであった。

原典[編集]

この短篇は、今昔物語集の巻26第17話「利仁の将軍若き時より敦賀に五位を将(い)て行(ゆ)きたる語(こと)」を下敷きにしている。原典は実在の人物である藤原利仁の権勢を見せつけるエピソードに重点が置かれており、五位の精神的自由の近代的解釈を叙述の中心とする本作とは大きく異なる。また、うだつの上がらない小役人である主人公の描写が、ニコライ・ゴーゴリの1842年の作品「外套」の記述の一部と酷似している[4]との指摘もある。

テレビドラマ[編集]

1959年[編集]

1959年5月28日日本テレビ系列の木曜20:30 - 21:30で放送された。『芥川龍之介シリーズ』の第5作にして最終作である。龍之介の三男・芥川也寸志が音楽を担当した。

1962年[編集]

1962年11月25日NHK総合テレビの『こども名作座』(日曜10:00 - 10:30)で放送された。

脚注[編集]

  1. ^ 宮坂覺 『芥川龍之介全集 年譜』24巻 (初版) 岩波書店2008年12月9日、164頁。 
  2. ^ 低位の位階の一つであり、主人公の名前は明らかにされない。階級だが本作品では、平安時代、有力貴族に仕える官人のことであり、武士の意味合いは無い。。
  3. ^ 山芋甘葛の汁で煮たである
  4. ^ 外套と芋粥

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 芥川龍之介シリーズ
前番組 番組名 次番組
芋粥
(1959年版)
(終了)
日本テレビ系列 木曜20時台後半枠
芋粥
(1959年版)
時の氏神
【ここから菊池寛シリーズ】
NHK総合テレビ こども名作座
芋粥