胸部外科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
胸部心臓外科学から転送)
移動先: 案内検索

胸部外科学(きょうぶげかがく、Thoracic surgery または Cardiothoracic surgery)は、胸郭および胸腔内臓器である呼吸器心臓などを扱う外科学の一分野である。

広義においては、以下の分野が含まれる。狭義においては呼吸器外科学と同義に扱われる。詳細は各項目の記述を参照。


欧米では旧来より、心臓を扱う心臓外科学Cardiac surgery)と、胸郭呼吸器系を扱う(狭義の意味での)胸部外科学(Thoracic surgery)を総称し胸部心臓外科学Cardiothoracic surgery)、または単に胸部外科学と呼称している。

日本においては、欧米で胸部外科学(Thoracic surgery)と呼ばれる胸郭呼吸器系を扱う分野は一般に呼吸器外科学と称されており、一方心臓外科学は血管外科学Vascular surgery)と統合されて心臓血管外科学Cardiovascular surgery)とされることが多い。但し大学病院など施設によっては、心臓外科と呼吸器外科を合わせて胸部外科(または胸部心臓外科)としている所もある。日本胸部外科学会では、胸部外科は大きく分けて心臓血管外科、呼吸器外科、食道外科から構成されると定義している[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]