綾羅木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
綾羅木駅
駅舎
駅舎
あやらぎ
Ayaragi
梶栗郷台地 (1.1km)
(3.1km) 幡生
所在地 山口県下関市綾羅木本町二丁目1-13
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 670.7km(京都起点)
電報略号 アヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
891人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1914年大正3年)4月22日[1]
備考 業務委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示

綾羅木駅(あやらぎえき)は、山口県下関市綾羅木本町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

付近は住宅が多く、乗降客も多い。

歴史[編集]

駅構造[編集]

下関方面に向かって右側に1面1線の単式ホームがある地上駅停留所)。棒線駅のため、下関方面行きと小串方面行きの双方が同一ホームに発着する。駅舎をもつ有人駅であるが、下関地域鉄道部が管理しジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。時間帯によっては無人となる。出札窓口にはPOS端末を備える。

駅周辺[編集]

川中地区の住宅街の中にある。駅前から西方向(駅正面方向)に山口県道256号綾羅木停車場線が伸び、約100m先で国道191号と交わる。駅最寄りのバス停であるサンデン交通「綾羅木」バス停は国道191号上にある。

なお、山陽新幹線山陽本線新下関駅までは直線距離で約2.5kmほどしか離れていない。長らく両地区を直通する交通機関はなかったが、2015年10月1日から「新下関駅 - ゆめシティ - 綾羅木 - 松風町」間を結ぶバス路線が運行開始した[4]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,408
2000 1,358
2001 1,262
2002 1,207
2003 1,206
2004 1,152
2005 1,156
2006 1,152
2007 1,119
2008 961
2009 964
2010 937
2011 902
2012 873
2013 902
2014 886
2015 891

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
梶栗郷台地駅 - 綾羅木駅 - 幡生駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 「通運」『官報』1914年4月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「鉄道省告示第81号」『官報』1925年5月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道省告示第42号」『官報』1933年2月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 新路線 運行開始のお知らせ”. サンデン交通 (2015年9月19日). 2015年12月13日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]