安岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安岡駅
YasuokaStation.jpg
駅舎(2011年5月)
やすおか
Yasuoka
福江 (2.7 km)
(1.4 km) 梶栗郷台地
所在地 山口県下関市安岡駅前一丁目1-22
北緯34度1分29.44秒 東経130度54分59.74秒 / 北緯34.0248444度 東経130.9165944度 / 34.0248444; 130.9165944座標: 北緯34度1分29.44秒 東経130度54分59.74秒 / 北緯34.0248444度 東経130.9165944度 / 34.0248444; 130.9165944
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 668.2 km(京都起点)
電報略号 ヤオ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
622人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1914年大正3年)4月22日[1]
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

安岡駅(やすおかえき)は、山口県下関市安岡駅前一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は上りホーム側にあり、反対側の下りホームへは小串寄りの跨線橋で連絡する。駅舎側には旧貨物側線が残っており、時折保守車両の留置に使われている。貨物ホーム上には駐輪場が設置されている。かつては「さんべ」、「ながと」などの急行も停車していたが、1997年3月22日のダイヤ改正で当該区間を走行する急行が全廃されたため、それ以降は普通列車のみが停車する。

駅舎はあるものの無人駅下関駅管理)で、自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 山陰本線 上り 小串滝部長門市方面
2 下り 下関方面

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[6]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,319
2000 1,348
2001 1,234
2002 1,163
2003 1,175
2004 1,164
2005 1,066
2006 1,035
2007 1,038
2008 949
2009 886
2010 867
2011 858
2012 817
2013 797
2014 744
2015 782
2016 797
2017 782
2018 783
2019 773
2020 622

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
福江駅 - 安岡駅 - 梶栗郷台地駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「通運」『官報』1914年4月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、318頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ 内閣印刷局, ed (1925‐05-26). “鉄道省告示 第85号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (3825). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955973/4. 
  4. ^ 内閣印刷局, ed (1925‐08-01). “鉄道省告示 第141号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (3882). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956030/2. 
  5. ^ 内閣印刷局, ed (1933-02-18). “鉄道省告示 第42号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (1839). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958310/2. 
  6. ^ 山口県統計年鑑 - 山口県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]