2014年アジア競技大会野球日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2014年アジア競技大会野球日本代表(2014ねんアジアきょうぎたいかいやきゅうにっぽんだいひょう)は、2014年9月韓国仁川で行われる第17回アジア競技大会に出場するために編成された野球日本代表チームである。

概要[編集]

大会が9月に開催されることから、NPBや大学からの選手選抜は行われず、代表はすべて社会人から選抜された。前回のアジア大会代表同様、代表経験豊富な30代のベテラン選手が選ばれた一方で、前年の都市対抗日本選手権で活躍した若手選手も選ばれている。

代表メンバー[編集]

所属は選出当時。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 30 小島啓民 三菱重工長崎県庁
コーチ 31 西正文 日本の旗永和商事ウイング硬式野球部
32 堀井哲也 日本の旗JR東日本硬式野球部
33 中島彰一 新日鐵住金
投手 11 横田哲 日本の旗セガサミー硬式野球部
12 加藤貴之 日本の旗新日鐵住金かずさマジック 北海道日本ハムファイターズ(2016 - )
15 幸松司 日本の旗JFE東日本硬式野球部
16 今村幸志郎 日本の旗西部ガス硬式野球部
17 片山純一 日本の旗JR東日本硬式野球部 怪我のため出場辞退
18 守安玲緒 日本の旗三菱重工神戸硬式野球部
19 佐竹功年 日本の旗トヨタ自動車硬式野球部
20 井口拓皓 日本の旗日本通運硬式野球部 片山に代わり追加招集
21 関谷亮太 日本の旗JR東日本硬式野球部 千葉ロッテマリーンズ(2016 - )
捕手 9 上田祐介 日本の旗NTT東日本硬式野球部
22 國本剛志 日本の旗三菱重工広島硬式野球部
27 中野滋樹 日本の旗JR九州硬式野球部
内野手 2 遠藤一星 日本の旗東京ガス硬式野球部 中日ドラゴンズ(2015 - )
3 石川駿 日本の旗JX-ENEOS野球部 中日ドラゴンズ(2015 - )
4 西野真弘 日本の旗JR東日本硬式野球部 オリックス・バファローズ(2015 - )
5 石岡諒太 日本の旗JR東日本硬式野球部 中日ドラゴンズ(2016 - )
6 多幡雄一 日本の旗Honda硬式野球部
7 田中健 日本の旗新日鐵住金かずさマジック
8 倉本寿彦 日本の旗日本新薬硬式野球部 横浜DeNAベイスターズ(2015 - )
29 伊東亮大 日本の旗日本製紙石巻硬式野球部 東北楽天ゴールデンイーグルス(2015 - 2017)
外野手 1 藤島琢哉 日本の旗JR九州硬式野球部
10 井領雅貴 日本の旗JX-ENEOS野球部 中日ドラゴンズ(2015 - )
24 松本晃 日本の旗JR東日本硬式野球部
26 林稔幸 日本の旗富士重工業硬式野球部
28 福田泰平 日本の旗日本新薬硬式野球部

競技結果[編集]

日本はプールAに入った。試合時間は韓国時間(UTC+9)。プールAを3連勝で1位通過、準決勝で台湾に敗れ3位決定戦で中国に勝利し、広州アジア大会と2大会連続で銅メダルを獲得。

プールA
9月22日
18:30
中国  0 – 11
(7回コールド)
 日本 木洞野球場
9月23日
18:30
パキスタン  1 – 9  日本 文鶴野球場
9月25日
12:30
日本  21 – 0
(5回コールド)
 モンゴル 文鶴野球場
準決勝
9月27日
12:30
チャイニーズタイペイ  10–4  日本 文鶴野球場
3位決定戦
9月28日
12:30
 日本 10–0
(8回コールド)
中華人民共和国の旗 中国 文鶴野球場
詳細
参考として決勝
9月28日
18:30
韓国 大韓民国の旗 6–3  チャイニーズタイペイ 文鶴野球場
詳細

関連項目[編集]

外部リンク[編集]