竜骨突起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竜骨 keel bone(青い部分)

竜骨突起(りゅうこつとっき)とは、翼をもつ鳥類に特有の骨部分。棒状の骨ではなく、鳥の竜骨(凸面のような形で胸部に備わる大きな骨)の中央で縦に走る突起。船の底で縦に走る竜骨に似ている。発達した胸筋を支えるために必要なので、翼をもつ鳥類では竜骨突起が発達した。

翼がヒレのようになったペンギンや、翼が退化しかけているドードーも、発達した竜骨突起をもっている(ただしドードーは絶滅種)。

飛べない鳥類であるダチョウは、竜骨突起をもたない。ダチョウと近縁のシギダチョウは、小さめの翼をもち、竜骨突起をもつ。

竜骨というのは、木造船(など)の、船首から船尾までをつらぬく弓状の太い部材のこと。英語では、船の竜骨も鳥の竜骨突起も、ともに keel と呼ばれる。鳥の竜骨は keel bone と呼ばれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「竜骨突起」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類