鳴管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳴管(めいかん、: syrinx)は、鳥類のもつ発声器官。

鳥類以外の脊椎動物は発声に声帯を用いるが、鳥類は気管の分岐点にある鳴管を用いる。鳥類は鳴管による発振音を気管末端の鼓室で共鳴させて発声する。鳥類の発声はさえずり地鳴きに分けられる。

鳥類の中でもスズメ目鳴禽類は鳴管の筋肉がよく発達しており、高度のさえずりをすることができる。左右の鳴管で別の発声して複雑なさえずりを行う種もいる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「鳴管」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類