ハト目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハト目
Columba livia.jpg
カワラバト(Columba livia)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
階級なし : メタヴェス Metaves
: ハト目 Columbiformes
学名
Columbiformes Latham

ハト目(ハトもく、学名 Columbiformes)は、鳥類の分類の1つである。現在はハト科のみが属する。

形態は、ずんぐりとした体格だが、胸筋がよく発達しているため、速く飛ぶことができる。食物は植物質のものが多い。世界中に分布する。

下位分類[編集]

伝統的にはハト科、ドードー科、サケイ科が属した。これらはハト亜目 Columbae(ハト科とドードー科)とサケイ亜目 Pterocletes に分けられていた。

ハト科 Columbidae[編集]

世界中に分布している。ハト科はすべて植物食である。クチバシを水につけ、吸い上げながら水を飲むのがハト科の特徴で、これができる鳥は他には僅かしかいない。ピジョンミルクという牛乳に似た成分の分泌物(雌雄共に分泌する)で子育てをする。このため年間を通じて繁殖可能である。

ドードー科 Raphidae[編集]

全種絶滅。飛べない太った鳥であった。

ドードーは非常に特異な形態のため、分類に諸説あったが、形態・分子双方の系統解析により、ハト科に含まれることが判明した。

ハト亜科 Columbinae とドードー亜科 Raphinae とに分ける過渡的な分類もあるが、ハト亜科は側系統であり、この分類は系統的ではない。

サケイ科 Pteroclididae[編集]

砂漠に生息する、頭部の形態がハトに似た鳥。

現在は単独でサケイ目となる。かつてはSibleyらにより拡大したコウノトリ目に含められた。

Sibley分類での扱い[編集]

Sibleyらはハト目からサケイ科を除外したため、彼らのハト目は現在のものと同じである。彼らはハト目をツル目コウノトリ目スズメ目と共に、スズメ上目 Passerimorphaeに属させた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]