新鳥類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新鳥類
Neoaves
BarnSwallow cajay.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
階級なし : 新顎類 Neognathae
階級なし : 新鳥類 Neoaves
学名
Neoaves
和名
新鳥類
下位分類

新鳥類[1][2] (しんちょうるい[1]Neoaves) は、新顎類に属する鳥類の一群である。

分類[編集]

鳥類における新鳥類の位置づけ(分類は国際鳥類学会 (IOC) による)。

古顎類 Palaeognathae シギダチョウ目 Tinamiformesダチョウ目 Struthioniformesレア目 Rheiformesヒクイドリ目 Casuariiformesキーウィ目 Apterygiformes
新顎類
Neognathae
キジカモ類
Galloanserae
キジ目 Galliformesカモ目 Anseriformes
新鳥類[1][2]
Neoaves
ネッタイチョウ目 Phaethontiformesサケイ目 Pteroclidiformesクイナモドキ目 Mesitornithidaeハト目 Columbiformesジャノメドリ目 Eurypygiformesツメバケイ目 Opisthocomiformesノガン目 Otidiformesカッコウ目 Cuculiformesツル目 Gruiformesエボシドリ目 Musophagiformesチドリ目 Charadriiformes
  賛鳥類[2]
Mirandornithes[3]
カイツブリ目 Podicipediformesフラミンゴ目 Phoenicopteriformes
Strisores[4] ヨタカ目 Caprimulgiformesアマツバメ目 Apodiformes
水禽類[2]
Aequornithes[4]
アビ目 Gaviiformesペンギン目 Sphenisciformesミズナギドリ目 Procellariiformesコウノトリ目 Ciconiiformesペリカン目 Pelecaniformesカツオドリ目 Suliformes
Landbirds[5] ノガンモドキ目 Cariamiformesタカ目 Accipitriformesフクロウ目 Strigiformesネズミドリ目 Coliiformesオオブッポウソウ目 Leptosomatiformesキヌバネドリ目 Trogoniformes
  ゲラ・ブッポウソウ類[2]
Picocoraciae[4]
サイチョウ目 Bucerotiformesキツツキ目 Piciformesブッポウソウ目 Coraciiformes
真ハヤブサ形類[2]
Eufalconimorphae[6]
ハヤブサ目 Falconiformes
  オウム・スズメ類[2]
Psittacopasserae[6]
オウム目 Psittaciformesスズメ目 Passeriformes

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 冨田ほか 2020.
  2. ^ a b c d e f g パーカー 2020, p. 371.
  3. ^ Sangster, G. (2005), “A name for the flamingo-grebe clade”, Ibis 147: 612–615, doi:10.1111/j.1474-919x.2005.00432.x 
  4. ^ a b c Mayr, Gerald (2011). “Metaves, Mirandornithes, Strisores and other novelties – a critical review of the higher-level phylogeny of neornithine birds” (PDF). J. Zool. Syst. Evol. Res. 49 (1): 58–76. doi:10.1111/j.1439-0469.2010.00586.x. http://www.senckenberg.de/files/content/forschung/abteilung/terrzool/ornithologie/metaves_review.pdf 2022年10月15日閲覧。. 
  5. ^ Ericson, Per G.P.; Anderson, CL; Britton, T; Elzanowski, A; Johansson, US; Källersjö, M; Ohlson, JI; Parsons, TJ et al. (December 2006), “Diversification of Neoaves: Integration of molecular sequence data and fossils” (PDF), Biology Letters 2 (4): 543–547, doi:10.1098/rsbl.2006.0523, ISSN 1744-9561, PMC 1834003, PMID 17148284, http://www.mrent.org/PDF/Ericson_et_al_2006_Neoaves.pdf 
  6. ^ a b Suh, Alexander; et al. (2011). “Mesozoic retroposons reveal parrots as the closest living relatives of passerine birds”. Nature 2 (8). doi:10.1038/ncomms1448. http://www.nature.com/ncomms/journal/v2/n8/full/ncomms1448.html 2022年10月15日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • 冨田幸光・對比地孝亘・三枝春生・池上直樹・平山廉・仲谷英夫 (2020). “恐竜類の分岐分類におけるクレード名の和訳について”. 化石 (日本古生物学会) 108: 23-35. doi:10.14825/kaseki.108.0_23. 
  • パーカー, スティーヴ 著、日暮雅道・中川泉 訳、養老孟司 日本語版監修 編 『生物の進化大事典』三省堂、2020年6月9日、371頁。ISBN 978-4385162409