ダチョウ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダチョウ目
生息年代: 暁新世-完新世 56–0 Ma
Autruche male, réserve africaine de Sigean.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 古顎上目 Palaeognathae
: ダチョウ目 Struthioniformes
学名
Struthioniformes Latham1790

ダチョウ目(ダチョウもく、学名:Struthioniformes)は鳥類の1目である。ダチョウ科ダチョウのみ)を含む目であり、現世鳥類の中で原始的なグループである古顎類に含まれる。

ただしその定義には諸説あり、中でも、現世種ではダチョウのみを含む「狭義のダチョウ目 (Struthioniformes sensu stricto)」と、平胸類に等しい「広義のダチョウ目 (Struthioniformes sensu lato)」とが広く使われている。

狭義のダチョウ目[編集]

狭義のダチョウ目は、古顎類の全ての現生科を独立目に分類する分類体系で使われる。古くからある定義の1つで、伝統分類であるクレメンツ分類ピーターズ分類などで採用されている。

ダチョウ科のみが含まれる。ただし、化石鳥類エピオルニス科を含める説もある。

データベースではNCBIDDBJなどが採用している。

広義のダチョウ目[編集]

広義のダチョウ目は、古顎類の中で完全に竜骨突起を失って地上棲に適応した、平胸類をまとめた目である。この場合、古顎類はダチョウ目とシギダチョウ目(シギダチョウ科のみ)に分かれる。

かつては、平胸類はその顕著な特徴から単系統とするのが主流だった。Mayr (1979) はそれに従い、平胸類の従来の4つの目を亜目に格下げし、ダチョウ目に統合した[1]シブリー・アールキスト分類で採用されたこともあり、この広義のダチョウ目はあるていど普及した。

ただし現在は分子系統などにより、平胸類(広義のダチョウ目)は多系統であり、竜骨突起の喪失は平行進化だと見られている[2]

データベースではITISWikispeciesなどが採用している。

脚注[編集]

  1. ^ Christidis, Les; Boles, Walter (2009), Systematics and Taxonomy of Australian Birds, CSIRO Publishing 
  2. ^ Harshman, John; et al. (2008), “Phylogenomic evidence for multiple losses of flight in ratite birds”, Proc Natl Acad Sci 105, http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=2533212 

関連項目[編集]