鳥群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥群
生息年代: ジュラ紀後期– 現生, 160–0 Ma
Male mallard flight - natures pics.jpg
マガモ (Anas platyrhynchos)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊椎動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : 鳥群 Avialae
学名
Avialae Gauthier1986
下位グループ

Anchiornis
Archaeopteryx
Balaur bondoc?
Jeholornis
Rahonavis
Xiaotingia
Aurornis
Euavialae

鳥群(ちょうぐん、Avialae、「鳥の翼」の意味)は、恐竜クレードであり、現在唯一現生している鳥類(Aves)を含む。鳥群は、デイノニコサウルスより現生鳥類に近い関係であるすべての獣脚類として定義されている。 始祖鳥(Archaeopteryx lithographica)は、ドイツバイエルン州ゾルンホーフェン(Solnhofen)のジュラ紀後期の地層から発掘され、空を飛ぶ能力を持っていたとされる鳥群最古の生物である[1]。しかし、いくつかの鳥群の化石が、中国遼寧省のジュラ紀後期の髫髻山層英語版から発掘され、約1.6億年のものと推定されている[2][3]

定義[編集]

大多数の研究者は、鳥群をブランチによるクレード(branch-based clade)と定義づけているが、その定義はさまざまである。多くの研究者らは、デイノニクス(Deinonychus)より鳥類に近い獣脚類と定義している[4][5]。AgnolionとNovor(2013)は、ほぼ同一の定義である「ドロマエオサウルスよりスズメ属に近いすべてのタクサを含む獣脚類グループ」としてAveraptoraを使用している[6]

鳥群は、派生形質によるグレードとしても定義されている。1986年に鳥群のクレードを新設したジャック・ゴーティエは、2001年に空を飛ぶ能力のある羽毛がある翼を持った恐竜とそれらの子孫である鳥類に再定義した[7][8]

鳥類との違い[編集]

ゴーティエ[8] は、鳥類(Aves)という用語の定義についての問題を認識していた。鳥類(Aves)という同じ生物学的名称が4つの異なる方法で使われてきた。ゴーティエは、鳥類(Aves)をクラウングループとし、すべての現生鳥類とそれらの子孫すべての共通の祖先とした。それ以外の定義については他の用語を割り当てた。

  1. 鳥類(Aves)は、羽毛を持った進化した竜甲類を意味する(代替としてAvifilopluma)
  2. 鳥類(Aves)は、飛行する動物を意味する(代替としてAvialae)
  3. 鳥類(Aves)は、ワニ類よりも鳥類に近い爬虫類を意味する(代替としてAvementatarsalia)
  4. 鳥類(Aves)は、現生鳥類とその子孫すべての共通の祖先を意味する(代替としてNeornithes)

鳥類(Aves)は、現生鳥類とその子孫すべての共通の祖先とするという定義により始祖鳥(Archaeopteryx)は鳥群であるが、鳥類から外れることになった。ゴーティエの提案は、古生物学者や鳥類の進化の研究者に受け入れられたが、その正確な定義の適用は一致していない。はじめ鳥類の化石の置き換えとして提案された鳥群は、鳥の同義語として使われる場合もある[9]

進化[編集]

鳥群

アンキオルニス

† 始祖鳥

† シャオティンギア

† ラホナビス

† ジェホロルニス

Jixiangornis

Euavialae

†バラウル

Avebrevicauda

Zhongjianornis

†サペオルニス

Pygostylia

†Confuciusornithiformes

Ornithothoraces

系統発生学の研究結果による分岐図 (Cau et al., 2015.)[10]

鳥群の化石で最も古いものは中国の髫髻山層英語版から発掘されたもので、ジュラ紀後期(1億6000万年前)のものであった[9]。この年代から鳥群であるアンキオルニスAnchiornis huxleyi )、シャオティンギアXiaotingia zhengi )、アウロルニス・シュイAurornis qui )が発掘された。よく知られた鳥群として、ドイツのジュラ紀の岩石(約1億5500万年前)から発掘された始祖鳥(Archaeopteryx )がある。それら早期の鳥群の多くは、詳しい解剖学的特徴を持ち、その特徴は、鳥の進化の過程で失われたものであった。それらの特徴は、第二趾に大きな鎌爪、長い羽毛であった。一部では、後肢と後脚を覆う後翼(飛ぶとき、それを羽ばたかせていたかもしれない)があった。それらの特徴から地上での生活を離れたかもしれない[11]。 鳥群は、白亜紀を通じて、さまざまな形態に分化していった[12] 。多くのグループは、爪をもった翼、歯の存在のような原始の特徴を残していたが[12]進化が進むにつれて、鳥群グループから独立するとともに失われ、鳥類となった。始祖鳥やジェホロルニス(Jeholornis )のような原始の形態を持った鳥群は、祖先の長い尾骨を残していた。進化するにつれ、鳥群の尾は短くなり、尾端骨へとなった。約9500万年前の白亜紀の後半になると、現生鳥類の祖先は、嗅覚も発達させた[13]

脚注[編集]

  1. ^ Alonso, P. D.; Milner, A. C.; Ketcham, R. A.; Cookson, M. J.; Rowe, T. B. (2004). “The avian nature of the brain and inner ear of Archaeopteryx”. Nature 430 (7000): 666–669. doi:10.1038/nature02706. PMID 15295597. http://www.ucm.es/info/paleo/personal/patricio/DMKCR-2004.pdf.  Supplementary info
  2. ^ Hu, D.; Hou, L.; Zhang, L. & Xu, X. (2009). “A pre-Archaeopteryx troodontid theropod from China with long feathers on the metatarsus”. Nature 461 (7264): 640–643. Bibcode2009Natur.461..640H. doi:10.1038/nature08322. PMID 19794491. 
  3. ^ Liu Y.-Q.; Kuang H.-W.; Jiang X.-J.; Peng N.; Xu H.; Sun H.-Y. (2012). “Timing of the earliest known feathered dinosaurs and transitional pterosaurs older than the Jehol Biota”. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 323–325: 1–12. doi:10.1016/j.palaeo.2012.01.017. 
  4. ^ Weishampel, David B.; Dodson, Peter; Osmólska, Halszka (eds.) (2004). The Dinosauria, Second Edition. University of California Press., 861 pp.
  5. ^ Senter, P. (2007). "A new look at the phylogeny of Coelurosauria (Dinosauria: Theropoda)." Journal of Systematic Palaeontology, (doi:10.1017/S1477201907002143).
  6. ^ Federico L. Agnolín and Fernando E. Novas (2013). “Avian ancestors. A review of the phylogenetic relationships of the theropods Unenlagiidae, Microraptoria, Anchiornis and Scansoriopterygidae”. SpringerBriefs in Earth System Sciences. SpringerBriefs in Earth System Sciences: 1–96. doi:10.1007/978-94-007-5637-3. ISBN 978-94-007-5636-6. 
  7. ^ Gauthier, J. (1986). "Saurischian monophyly and the origin of birds." In: K. Padian, ed. The origin of birds and the evolution of flight. San Francisco: California, Acad.Sci. pp.1–55. (Mem.Calif.Acad.Sci.8.)
  8. ^ a b Gauthier, J., and de Queiroz, K. (2001). "Feathered dinosaurs, flying dinosaurs, crown dinosaurs, and the name Aves." Pp. 7-41 in New perspectives on the origin and early evolution of birds: proceedings of the International Symposium in Honor of John H. Ostrom (J. A. Gauthier and L. F. Gall, eds.). Peabody Museum of Natural History, Yale University, New Haven, Connecticut, U.S.A.
  9. ^ a b Pascal Godefroit, Andrea Cau, Hu Dong-Yu, François Escuillié, Wu Wenhao and Gareth Dyke (2013). “A Jurassic avialan dinosaur from China resolves the early phylogenetic history of birds”. Nature in press (7454): 359–62. Bibcode2013Natur.498..359G. doi:10.1038/nature12168. PMID 23719374. 
  10. ^ Cau, Andrea; Brougham, Tom; Naish, Darren (2015). “The phylogenetic affinities of the bizarre Late Cretaceous Romanian theropod Balaur bondoc(Dinosauria, Maniraptora): Dromaeosaurid or flightless bird?”. PeerJ 3: e1032. doi:10.7717/peerj.1032. PMC: 4476167. PMID 26157616. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4476167/. 
  11. ^ Zheng, X.; Zhou, Z.; Wang, X.; Zhang, F.; Zhang, X.; Wang, Y.; Wei, G.; Wang, S. et al. (2013). “Hind Wings in Basal Birds and the Evolution of Leg Feathers”. Science 339 (6125): 1309–1312. Bibcode2013Sci...339.1309Z. doi:10.1126/science.1228753. PMID 23493711. 
  12. ^ a b Chiappe, Luis M. (2007). Glorified Dinosaurs: The Origin and Early Evolution of Birds. Sydney: University of New South Wales Press. ISBN 978-0-86840-413-4 
  13. ^ Agency France-Presse (2011年4月13日). “Birds survived dino extinction with keen senses”. Cosmos Magazine. 2012年6月11日閲覧。

関連項目[編集]